2019.01.24
  • 11


上野品川歯科・矯正歯科

上野品川歯科・矯正歯科院長の品川淳一です。 先日、私の診療ユニットの設置が完了しました。 大学病院や勤務先では何気なく使っていたユニットですが、自分で選んで買ったものは愛着が違います。 取り付けにもたくさんの方に来ていただき、色々な方のお陰で開業させていただいているのだと実感しました。 奥の窓から外の景色が見えていますが、8階の大きな窓からの眺めが大変気に入っています。ただ、診療アシスタントのすぐ後ろに窓が来る位置関係ですので、高所恐怖症の方は当院でアシストは難しいかもしれません。。笑 このユニットにはマイクロスコープがつき、前方にモニターを二台設置します。口腔内写真やエックス線写真とマイクロスコープの映像を同時に見ながら診療ができます。このような環境で、ご勤務いただける歯科衛生士の方にはマイクロスコープのアシスタント業務を学んでいただけます。 もう一台、開業時には、副院長の矯正歯科専用ユニットを設置します。 開業後、軌道に乗った段階で歯科衛生士専用ユニットを増設します。 当院では、ドクター一人につき一台専用のユニットがあります。そこで、自分達の責任でユニットを管理するため、自分のユニットの清掃や点検はドクターが行います。 当院でご勤務いただける歯科衛生士の方にも、歯科衛生士専用ユニットはご自身で管理していただきます。 もちろん故障したからといって修理費を請求することなどはしませんが、自分で管理することで丁寧に扱いますし、ユニットの特性なども理解できると思います。 このような経験が、歯科衛生士としてのスキルアップにも繋がると考えております。