2018.06.12
  • 1


西大津歯科医院

審美歯科治療をしたことにより、あごが疲れたり、肩こり・腰痛・頭痛などが発症することが稀にあります。 これは治療により「咬み合せ」が微妙に変化したことに起因する場合があります。 審美歯科治療では「歯の美しさ」も大切ですが、同じくらいに咬み合わせなどの「機能性」も考慮したお口全体の治療計画を立てる必要があります。 特に歯ぎしり・くいしばり癖のある人は慎重に計画を立てなければなりません。 また、治療される方の生活習慣、年齢、性格、顔の輪郭、雰囲気、肌の色、よくつける口紅の色などによっても提案内容が変わってきます。 これらをトータルに把握し、患者様に一番合ったものを提供することが審美歯科治療の成功を導き、患者様の満足につながるものと考えます。 患者様の事を一緒に考えて頂け、長期にわたって活躍頂ける方を歓迎いたします。