2018.05.14


スワン歯科・矯正歯科

歯科衛生士になって約20年、名古屋の港スワン歯科教育担当のMです!今日は歯科衛生士からみた港スワン歯科について、お話をさせていただきます。 港スワン歯科では、現在15人の衛生士が働いています。 港スワン歯科の中は、Cure(治療)ゾーンとCare(予防)ゾーンに分かれており、私たち衛生士はCare ゾーンで、予防処置や矯正治療に携わっています。もちろん、Cureゾーンでスケーリングなどを行うこともありますが、歯科衛生士の仕事に集中できる環境が整っています! 右上の写真が、Careゾーン専用の中待合室です。そして右下が歯科衛生士専用ユニットで、個室が4つあります。実はこのユニット、患者さんにリラックスしていただけるようにマッサージ機能もついています! 新人の歯科衛生士さんが入社すると、最初の半年は外部から講師をお招きして、歯科衛生士業務について基礎から座学の勉強、トレーニングが行われます。 私も一緒に参加して、新人さんと一緒に学びながら、教育担当として日常的に新人さんたちのフォローや教育をしています。毎年同じサイクルを繰り返すことで、教える人によるバラツキや、衛生士による処置のレベルに差が生じないようにしています。 港スワン歯科では、多くの仲間と一緒に、歯科衛生業務を基礎からしっかり学び、身に付けることができます。また、担当制をとっており、患者さんの健康をしっかり守っていけるという歯科衛生士としてのやりがいもあります。 歯科衛生士の仕事に集中できる環境で、多くの仲間と一緒に基礎から学び、患者さんに寄り添える。。。そういう環境を求めている衛生士の皆さん。まずは見学だけでも大丈夫です!港スワン歯科に、ぜひいらしてください!