奈良県 葛城市歯科医師の求人・転職・アルバイト・パートの募集一覧(葛城市)

奈良県 葛城市
の歯科医師の求人・転職・アルバイト・パートの一覧
  •   市区町村・駅から探す
  •   雇用形態・給与から探す
  •  特徴から探す
  •  雰囲気から探す
  • 1

    歯科医師という職業について、厚生労働省・経済産業省・国税庁などの政府機関および日本歯科医師会・日本歯科医師連盟などによる統計資料と歯科医師向け情報メディア「WHITE CROSS」を運営するWHTIE CROSS株式会社が歯科医師会員より独自に蓄積してきた情報をもとに作られ、2020年4月29日に更新された資料であり他の企業のサービスに帰属しない独自の情報です。歯科医師は、歯科医院で行われる全ての診療。つまり、歯科治療、予防処置、保健指導、診療の補助などを行うことができます。厚生労働省が発表している最新の統計である平成30年(2018年)医師・歯科医師・薬剤師調査の概況によると、日本には104,908人の歯科医師がおり、男性歯科医師数は79,611人で75.9%。女性歯科医師数は25,297人で24.1%です。また、病院で働いている歯科医師数は11,672名で11.1%。歯科医院で働いている歯科医師数は90,105名で85.9%。歯科医院で働いている歯科医師数において、理事長・院長は58,653名で55.9%。勤務医で、31,452名で30.0%。その他の介護施設・無職などでは3,131名で3.0%です。都道府県別の歯科医院で働いている歯科医師数を見ると、北海道2,964名、青森県537名、岩手県588名、宮城県1,074名、秋田県447名、山形県487名、福島県863名、茨城県1,400名、栃木県990名、群馬県980名、埼玉県3,553名、千葉県3,261名、東京都10,551名、神奈川県5,002名、新潟県1,168名、富山県447名、石川県482名、福井県293名、山梨県441名、長野県1,021名、岐阜県959名、静岡県1,771名、愛知県3,719名、三重県844名、滋賀県558名、京都府1,315名、大阪府5,552名、兵庫県3,006名、奈良県693名、和歌山県546名、鳥取県259名、島根県270名、岡山県992名、広島県1,572名、山口県676名、徳島県430名、香川県476名、愛媛県687名、高知県370名、福岡県3,090名、佐賀県419名、長崎県740名、熊本県845名、大分県537名、宮崎県507名、鹿児島県813名、沖縄県618名です。その結果、歯科医師数は、首都圏、東海、大阪、兵庫、福岡に集中しています。北海道においても歯科医師数は多いのですが、土地が広いため札幌以外は点在しています。また、その他の都道府県では、歯学部がある都道府県ほど歯科医師数が多い傾向にあります。近年の傾向として、毎年2,000人強の新人歯科医師が輩出されています。また、歯科医師の30%が勤務医です。また2005年から2020年の15年間において、勤務医数は継続的に増加しています。また、すべての年代において、男性が多いが、女性歯科医師数・割合共に増えてきています。また、歯科医師の平均年齢は、55歳〜60歳の間にあると言われています。また、歯科医師数は継続的に増加していますが、2025年には減少に転じることが予想されています。歯科医師の平均所得は、約750万円であり、勤務医の平均所得は450〜800万円であり、開業医の平均所得は1000万円であるといわれています。また、勤務医でも、分院長として稼げる歯科医師は2000万円を越えてくるケースもあります。また、開業医でも、開業して間もないため患者数が少なく、自己資本を崩しながら経営をしているケースや、そもそも経営が苦しいケースなどにおいては、500万円程度であるケースもある一方で、1億円を超えてくるようなケースもあります。また、所得が高い歯科医師の特徴として、経営者として敏腕である。高額な治療を多売しています。複数の歯科医師・歯科衛生士を雇用しているなどがあげられます。歯科医師になるには、歯学部で6年制の大学教育を受けた後に、歯科医師国家試験に合格する必要があります。歯科医師国家試験に合格した後、研修医として1〜2年程度、多くの場合が1年の研修をつんだ後に、歯科医師として自由に職場を選び働き始めることができます。臨床研修は、厚生労働省の指定を受けた、歯学部付属の病院ないし診療所、歯科口腔外科がある病院。歯学部のない大学の付属病院や一般病院などの病院歯科・歯科医院などの臨床研修施設において行われます。日本には29校の歯学部があり、大きく分けて国立大学11校、私立大学17校、公立大学1校が存在します。歯科医師にサービス提供する際に、どの歯科大学の出身者であるかは把握しておく必要があります。国立大学としては、北海道の北海道大学、宮城県の東北大学、東京都の東京医科歯科大学、新潟県の新潟大学、大阪府の大阪大学、岡山県の岡山大学、広島県の広島大学、徳島県の徳島大学、福岡県の九州大学、長崎県の長崎大学、鹿児島県の鹿児島大学があります。私立大学としては、北海道の北海道医療大学、岩手県の岩手医科大学、福島県の奥羽大学、埼玉県の明海大学、千葉県の日本大学松戸校、東京都の東京歯科大学、東京都の日本歯科大学、東京都の日本大学、東京都の昭和大学、神奈川県の鶴見大学、神奈川歯科大学、新潟県の日本歯科大学新潟校、長野県の松本歯科大学、愛知県の愛知学院大学、岐阜県の朝日大学、大阪府の大阪歯科大学、福岡県の福岡歯科大学があります。公立大学としては、福岡県の九州歯科大学があります。国立大学と私立大学の違いは、国立大学は偏差値60から70、学費が6年間で350万円程度であり、私立大学は偏差値60から50、学費が2,000万円から3,000万円程度です。私立大学の方が定員数が多く、現役の歯科医師数において、私立大学出身者のほうが国立大学出身者より多いです。近年の歯科医師国家試験の合格率は65%程度であり、一定以上勉強をしなければ合格できません。そのため、歯科医師としての優秀さは、個人により大きく左右され出身校だけでは判断できません。歯科医師になるため歯学部に進学する学生には、歯科医師になりたくて歯科医師になった学生、親が歯科医師でその流れで歯科医師になった学生、医学部を断念して歯科医師になった学生の3パターンが多いです。歯科医師としてのキャリアパスとしては、ほとんどの歯科医師が日本国内でキャリアを積むことになります。ごく少数、海外の大学に留学をし、歯科医療の専門領域について学んだり、研究などを行って帰国する歯科医師もいます。留学先としては、米国やスウェーデンを中心とした北欧の歯科大学が人気です。その理由として、米国やスウェーデンの歯科大学が歯科医療の科学として発展を牽引してきたという歴史的経緯があるからです。帰国後のキャリアは、歯学部に戻る、勤務医になる、開業するなど多岐にわたります。また、歯科医院で勤務する歯科医師の中には、訪問・在宅歯科医療に従事する歯科医師もいます。自力で歯科医院に通うことができない近隣の介護施設や、高齢者個人の自宅に訪問して歯科医療を提供している歯科医師もいます。そのような場所では、治療道具や環境が整っている歯科医院の外来よりも制約が多く、厳しい環境で治療を行わなければなりません。そのため、歯科医師として外来での数年間の治療経験を持っていなければ対応が難しいのですが、いきなり訪問・在宅で勤務を開始する歯科医師もいます。歯科医師の転職のタイミングとしては、臨床研修を終えた後に歯科医院に就職をする、歯科医院から別の歯科医院に転職をする、病院を辞めて歯科医院に転職をする、親の歯科医院を継ぐために転職する、他人の歯科医院を継ぐために転職をする、結婚・出産・離婚・子育てなどのライフイベントに合わせて転職・復職をする、自分の歯科医院を閉鎖して勤務医にもどって別の歯科医院に転職をするなどがあります。多くの歯科医師が最終的に開業していくが、開業までに1から3件程度の歯科医院での勤務や、分院長としての勤務を経験することが多いです。また、常勤勤務のみではなく、非常勤で複数の歯科医院を掛け持ちするケースや、常勤勤務に加えて週1などで別の歯科医院で非常勤として働くケースなどもあります。また、歯科医療においては、歯科医院から歯科医院に転職するため、歯科医師自身にとって転職という言葉ではピンとこないことが多いです。歯科医師の転職理由としては、現在勤務している歯科医院で身につけられる治療技術に限界を感じたという成長目的、現在勤務している歯科医院で得られる所得に限界を感じたという金銭目的、数年後の開業を考えており別の歯科医院の経営などを学んでおきたい開業目的、現在勤務している歯科医院での人間関係に嫌気がさした人間関係リセット、実家などがある都道府県にもどりたいあるいは結婚で引っ越しする引っ越し目的、さいごに結婚・出産・離婚・子育てなどのライフイベントに合わせて転職をするなどが挙げられます。歯科医院で働いている歯科医師としてのキャリアプランとモチベーションとしては、知識・技術を研鑽したい、理事長・院長として、経営面に力を入れ経済的に成功したい、これら両方の要素を持ちたい、歯科医師会・歯科医師連盟などの関連団体の活動に力を入れたい、生活の糧として歯科医師をして働きたい、家庭に入り週に数日間働きたいなどがあります。知識・技術を研鑽したい歯科医師は、歯科医療の様々な学会やスタディーグループなどに所属していることが多く、著名になると歯科関連企業が主催するセミナーで講師を務めていることがあります。経営に力をいれている歯科医師も同様です。歯科医院を経営する以上、歯科医師としての知識・技術と経営の能力の両方が大切です。何に価値観をおくかは歯科医師によります。経営に力を入れている歯科医師は、他の歯科医師を雇用したいという意識が高く、歯科医師の雇用に対して積極的です。歯科医師が集まる業界団体の代表が歯科医師会と歯科医師連盟です。歯科医師会は、日本の歯科医師を代表する団体として、各地域での歯科医療福祉の推進や、厚生労働省を中心とした政府との交渉窓口を務めています。例えば、歯科医師会会員の歯科医院が、学校の歯科検診などを行っています。任意加入であるために、非会員の歯科医師もいます。2020年1月時点で、10万5千人の歯科医師のうち、約6万5千人が会員です。歯科医師会には、日本歯科医師会、都道府県歯科医師会、郡市区歯科医師会が存在しています。主に、歯科医院を開業している歯科医師が入会しており、歯科大学などで勤務している歯科医師、病院の口腔外科などで勤務している歯科医師、歯科医院で勤務医として働いている歯科医師などは入会していないケースが多いです。歯科医師会は政治活動ができないため、歯科医師会の目的を達成させるために必要な政治活動を行う団体が歯科医師連盟です。国会議員を始め、県市町村などの議員を支持しています。歯科医師連盟も任意加入であり、歯科医師会の会員が歯科医師連盟に加入するため、人数でいうと、日本の歯科医師数、歯科医師会の会員数、歯科医師連盟の会員数の順に多いです。つまり、日本の歯科医師には、歯科医師会にも歯科医師連盟の両方に入っている歯科医師、歯科医師会には入っているが、歯科医師連盟には入っていない歯科医師、歯科医師会にも歯科医師連盟にも入っていない歯科医師が存在します。また、歯科医師会に入会するには、日本歯科医師会、都道府県歯科医師会、郡市区歯科医師会への入会費を支払う必要があり、地域差こそあれ100万円から300万円程度かかると言われています。歯科医師が知識・技術を研鑽する場として、学会・スタディーグループがあります。学会・スタディーグループには大きな存在価値がある歯科医学は、日進月歩で発達しています。歯科医師は大学を卒業後も、生涯学習として、歯科医療を学びつづけることが理想です。医科であれば、大半の医師が大学の医局などに所属することにより、勉強機会を得つづけることができるが、歯科医師の約85%は歯科医院という小さな組織で勤務をしています。そのため、なんらかの団体に所属して勉強をし続けることになります。そのための団体が、学会とスタディーグループです。学会は、日本歯科医師会の中に設置された学術研究組織であり、現在25の専門分科会及び、18の認定分科会があります。分科会というのは、医科における内科、外科、眼科などに診療科が分かれているように、歯科においても専門が分かれていることを示しています。学会のトップは大学の教授が勤めているケースが多いが、開業医がトップになっているケースもあります。学会には、専門分化会と認定分化会である。2019年4月時点で、専門・認定分科会会員は、3万8千人います。ただし、1人の歯科医師が複数の学会に所属していることがあるため、10万人中の何人が何らかの学会に所属しているかの正確なデータはありません。代表的な専門分化会の学会としては、日本歯科保存学会、日本補綴歯科学会、日本口腔外科学会、日本歯科矯正学会、日本小児歯科学会、日本歯周病学会、日本障害者歯科学会、日本老年歯科医学会、日本口腔インプラント学会、日本顎関節学会、日本歯内療法学会、日本レーザー歯学会などがあります。代表的な認定分科会の学会としては、日本歯科審美学会、日本臨床歯周病学会、日本顎咬合学会、日本外傷歯学会などがあります。学会に所属して、その領域についてしっかり学んだことを認められた歯科医師は、試験を受けることにより、認定医・専門医を取得することができます。順番としては、会員、認定医、専門医の順であり、専門医の取得には長いもので10年近くかかるものがあります。また、これとは別に、その領域において専門的に教育をすることができることを示す指導医というものを存在します。学会において、会員・認定医・専門医を維持するためには、定期的に会費を支払い、学会の活動に参加しなければなりません。認定医・専門医を取得した上で、学会の会長、副会長、理事などの重要ポストにつくと、歯科の出版社が出す雑誌に投稿したり、本を書いたり、歯科関連企業主催のセミナーで講師として呼ばれたりするようになるケースもあります。歯科医師に人材サービスを提供する上で、「転職希望先の歯科医院の院長や先輩などが、学会に所属している」「認定医・専門医を取得している」などを気にするかどうかは歯科医師によって分かれます。具体的には、歯科大学から開業医に転職する歯科医師や、知識・技術を研鑽したい歯科医師は気にするが、その他の歯科医師はそれほど気にしないケースが多いです。学会では、定期的に学術大会が開催され、その開催地に、日本全国の会員歯科医師が集まり集団で勉強をします。また、認定医・専門医を取得するための、講習会などを行っています。また、会員を集めるために、非会員も対象としたセミナーを行っている場合もあります。また、学会に所属していなくても、歯科医師免許があれば、すべての歯科治療を行うことができるため、例えば、日本歯科矯正学会に所属していなくても、矯正歯科治療を行っている歯科医師は数多くいます。学会においては、専門領域に関して、王道のものから、珍しいものまで様々なことを学べます。専門医・認定医となると、その領域の知識について体系的に学んだことの証明となります。歯科医療において、特に専門性の高い領域としては、歯科矯正、口腔外科があげられます。特に、普段、歯を削る・入れ歯をつくるなどの治療を中心に行っている歯科医師にとって、歯科矯正は全く別の治療として受け止められています。また口腔外科においても、歯を抜く程度であれば良いが、舌癌の治療などとなると全く別の治療として受け止められています。専門性を高めることと収入との関係性だが、認定医・専門医を有しているからといって、その専門領域だけの治療を行っているケースは少ないです。専門性を持たずに、幅広い歯科治療を提供している歯科医師をGPといいます。歯科の保険医療においては、専門医であっても、GPであっても同じ治療費を請求することになります。そのため、全てではないが「専門性を高めることで、自費診療を増やす」というイメージがあります。ただし、GPは日本の保険歯科医療を幅広く支える役割を担っており、素晴らしい存在価値を持っています。スタディーグループとは、同じような治療の仕方を学ぶ歯科医師同士が集まってできた有志の勉強会です。歯科医師であれば、誰でもスタディーグループを作れるため、領域は幅広く、玉石混合、大小様々である。歯の神経の治療に集中するスタディーグループもあれば、あらゆる歯科治療に対応したスタディーグループ。さらには、歯科医院経営に特化したスタディーグループも存在します。また、「塾」をなのっているスタディーグループも少数存在します。スタディーグループのトップには、開業医がなるケースが多いです。スタディーグループの活動としては1名ないし数名の勉強熱心な歯科医師を中心に出来上がってきたスタディーグループが多いです。活動内容としては、主に歯科医師同士の交流を目的として集まって、症例検討会・臨床や経営の勉強会を行っています、全会員が集まり講演会などをする場として定期的に総会を行っている、門戸を叩いた歯科医師にセミナーやハンズオンの実習など学びの場を提供している、各地方に支部を持ち、上記の活動を支部ごとにも行っている。などがあり、後者の活動を行っているほど、大きなスタディーグループであるケースが多く、事務局などを持ち組織化されているイメージがあります。大きなスタディーグループであればあるほど、プログラムに基づいて、セミナーから歯科医師としての手を育てるトレーニングまでがコースとして提供されているケースもあります。代表的なスタディーグループとしては、SJCD、JIADS、藤本研修会、5-D Japan、Club GP、PESCJ、筒井塾、MID-G、康本塾などがあります。有名なスタディーグループの年間コースに参加するには、100万円から150万円程度かかることもあります。スタディーグループに所属して、しっかり学んだことを認められた歯科医師は、試験を受けることにより、そのスタディーグループ独自の認定医を取得することがあります。また、コースを提供しているスタディーグループでは、そこで教える歯科医師を「インストラクター」と呼ぶことがあります。有名なスタディーグループの「インストラクター」になると、歯科の出版社が出す雑誌に投稿したり、本を書いたり、歯科関連企業主催のセミナーで講師として呼ばれたりするようになるケースもあります。歯科臨床に特化した有名なスタディーグループにおいては、流派による違いがあり、コースを通じてその流派の「型」を身につけることになります。また、近年では歯科医療を科学として受け止める傾向があり、世界中の歯科大学などが出している「論文」を読んで、治療を行う歯科医師も増えてきており、その勉強の仕方を重視しているスタディーグループも存在します。医療では、論文に記載されている情報を、エビデンスと呼び、エビデンスに基づいて治療することを、Evidence Based Medicine、略してEBM。あるいは、Evidence Based Dentistry、略してEBDと呼ぶ。コースを提供していない小さなスタディーグループでは、そこまで明確な「型」などを持っていないケースもあります。また、学会は純粋に学術を追求することを目的としています。その一方で明確な「型」や治療知識・技術を身につけていくスタディーグループは参加費が高額になることもありますが、歯科医師が人生をかけて研鑽してきた知識や技術を共有していく場である以上、その学びの対価としてお金を受け取ることは間違いではありません。歯科医院のホームページでよく見る証明書や歯科医師の経歴として、額に入れて飾られた賞状のようなものや盾などが飾られているものを目にすることがあります。これらには様々なものが存在しており、その意味合いや価値も大きく異なります。歯科医師免許は、歯科医師としてのライセンス証明証であり、全ての歯科医師が持っています。ただし、当たり前のものすぎて、飾っていないケースも多くあります。また、国内歯科大学の卒業証書については、岡山大学歯学部、東京歯科大学歯学部など、出身大学の卒業証書。ただし、当たり前のものすぎて、飾っていない歯科医院も多くあります。また、海外歯科大学の卒業証書として、南カリフォルニア大学歯学部・ペンシルバニア大学歯内療法大学院などの歯科大学・歯科大学院の正規の卒業証書があります。海外大学において、通常の歯科医師を育てるカリキュラムや、専門医を育てるカリキュラムを卒業したことを示す証明書であり、歯科医師としての誇りでもあるため、確実に飾っています。卒業証書を得るためには、海外歯科大学・歯科大学院の厳しい入学試験で合格した後、数年間留学し、勉強と臨床のみに集中する生活を送ることになるため、ごく少数の歯科医師が取得しています。大学教授の一部、学会参加者の一部、スタディーグループの創設者やインストラクターの一部などが取得しています。ニューヨーク大学歯学部補綴大学院卒業・米国歯内療法専門医・米国補綴専門医・米国歯科医師免許などの記載が必ずあります。また、海外歯科大学が提供する中長期のプログラムの終了証として、海外の歯科大学が、日本人歯科医師などに提供している様々なプログラムであり、入学試験がない、あるいは特に期間が限られているわけではなく好きなだけ留学できるなどのプログラムが多いです。帰国時にここで学びましたという終了証や証明書を受け取ることが多いです。飾っているケースが多いです。プログラムを卒業した歯科医師が、英語を話せるかどうかは人によります。また、海外歯科大学が提供する短期のプログラムの終了証もあります。海外歯科大学が提供する数日から1週間程度の研修プログラムの終了証であり、海外歯科大学が日本人歯科医師など向けに提供しています。また、終了証については米国のみではなく、スウェーデン・イタリアなどヨーロッパの歯科大学や学会においても同じようなプログラムを提供していることが多いです。尚、ヨーロッパの専門医・認定医の資格の中には、ヨーロッパ歯科大学・大学院などで正規の教育過程を終了していなくても取得することができるものがあり、「ヨーロッパインプラント学会認定医」などと記載されることもあります。日本国内からの取得とはいえ、相当な努力が伴うケースが多い。また、このような証明書・修了書は「ディプロマ」や「サーティフィケート」などと呼ばれており、日本語に訳すと「ディプロマ」は「学位」、「サーティフィケート」は「終了証」です。しかしながら、何をディプロマと呼ぶか、何をサーティフィケートと呼ぶかのルールがありません。そのため呼び名が違ってもおおよそ同じ意味合いのものと考えて良いです。また、海外歯科大学の中には、お金儲けのためのビジネスとして日本人歯科医師などを受け入れているケースもあるため、玉石混合です。日本国内の学会の認定医証・専門医証は、日本国内の学会において研鑽を積み、認定医・専門医の基準を満たしたことを示しているものであり、日本歯科医師会の分科会として認められている学会のものであれば価値があるケースが多いです。スタディーグループの終了証・認定医証・専門医証は、スタディーグループにおいて、コースを終了し、研鑽を積んだことを示しているものであり、価値があるかどうかはスタディーグループによるため玉石混合です。歯科医療機器メーカーが出している歯科医師向けの認定証は、そのメーカーが主催するセミナーなどに参加すると受け取れる認定証です。インプラントメーカー・マウスピース矯正メーカーが出している歯科医師向けの認定証もあります。インプラントメーカー、マウスピース矯正メーカーなどは、歯科医院がそのメーカーの製品を導入する条件として、メーカー主催のコースへの参加を求めているケースがあります。コースに参加した証明書として認定書を提供することがあります。コースに参加したことで得られる認定書はメーカー製品を使用した歯科治療を行う上で必要なものであり、歯科医師としての能力などを示すものではありません。また、海外歯科大学、国内外の学会、シンポジウムなどでの講演に対する感謝状もあります。これらは海外歯科大学、国内外の学会、シンポジウムなどで講演者として呼ばれた際に、感謝状を渡されるケースが多いです。歯科医療において世界的に有名な大学や大きな学会などでの講演は、知識・技術を研鑽している歯科医師にとって歯科医師人生のハイライトのひとつであり名誉でもあるため、個人的価値が高いものであるケースが多いです。また、研修企業が発行する認定証もある、多くの場合において、歯科医師ではなく歯科衛生士・歯科助手向けの研修を行っている企業が提供する研修を受けたことを示す認定証であり、価値を持たないケースが大半です。一部、その企業を取り巻くコミュニティにおいてのみ価値を持つものもあります。また、学会やスタディーグループとは別に、歯科関連企業や、歯科医師個人がセミナーを開催することがあります。セミナーは、土日祝などに開催されることが多いです。個人が主催しているセミナーの最大目的は、その個人が歯科医療界に広げたい歯科医療を、多くの歯科医師に知ってもらうためであります。結論として、歯科医師は社会貢献性の高い素晴らしい職業です。

    「総務省統計局発表の医療施設動態調査(平成29年1月末概数)」によると、奈良県の人口約1364000名で、歯科医院数は693軒あり、歯科医院1院あたりの人口は1968人となっています。厚生労働省発表の「平成26年(2014年)医師・歯科医師・薬剤師調査の概況」によると奈良県では、歯科医師は922名(男性765名・女性157名)が働いていており、歯科医院1院当たりの勤務人数は1.33名となります。歯科衛生士は1387名(診療所勤務1322名・病院勤務65名)が働いていており、歯科医院1院当たりの勤務人数は2名となります。奈良県では歯科技工士は278名が働いています。奈良県における歯科技工士の歯科医院1院当たりの勤務人数は0.4名となります。また、奈良県の歯科技工所は251箇所あります。

    また、奈良県の歯科衛生士校は「奈良歯科衛生士専門学校」があり、歯科大学と歯科技工士はありません。

    葛城市のある奈良県は人口約137万人で近畿地方の中南部に位置し、県庁所在地は奈良市、海に面していない内陸の県です。葛城市のある奈良県の主要な都市は奈良市、生駒市、大和高田市、大和郡山市、天理市、橿原市があります。葛城市のある奈良県の主要な鉄道路線としては、「JR大和路線」「JR奈良線」「JR万葉まほろば線」「近鉄奈良線」「近鉄京都線」「近鉄橿原線」などがあります。利用者の多い駅としては学園前駅、近鉄奈良駅、王寺駅、生駒駅、大和西大寺駅などが挙げられます。鉄道以外では「奈良交通」が県内だけでなく東京や名古屋方面にも運行しています。

    葛城市のある奈良県といえば東大寺の大仏や法隆寺に代表される歴史的建造物や国宝の仏像など歴史のある県として知られています。観光地としては東大寺(奈良市雑司町)や奈良公園(奈良市芝辻町)、興福寺国宝館(奈良市登大路町)が人気です。観光だけでなく果物の生産も盛んで、イチゴや柿の産地でもあります。

    奈良県の他の市区町村の歯科医師 求人

    ×
    北海道・東北
    関東
    中部
    関西
    中国
    四国
    九州・沖縄
    時給
    円以上
    日給
    円以上
    月給
    円以上
    応募要件
    待遇・福利厚生
    勤務時間
    休日・休暇