岡山県 歯科助手の求人・転職・アルバイト・パート | デンタルスタイル

岡山県 歯科助手
の求人・転職・アルバイト・パートの一覧
  •   市区町村・駅から探す
  •   雇用形態・給与から探す
  •  特徴から探す
  •  雰囲気から探す
  • 36

    歯科助手という職業について、厚生労働省・経済産業省・国税庁などの政府機関による統計資料と歯科助手向け情報メディア「dStyle」および歯科医療従事者向け情報メディア「WHITE CROSS」を運営するWHTIE CROSS株式会社が独自に蓄積してきた情報をもとに作られ、2020年4月29日に更新された資料であり他の企業のサービスに帰属しない独自の情報です。歯科助手は、歯科医院で行われる全ての診療の一部。つまり、歯科治療、予防処置、保健指導以外の、診療の補助などを行うことができます。歯科助手は、日本全国に点在する歯科医院で働いています。歯科助手はデンタルアシスタントとよばれていることもあります。厚生労働省から発表されている最新の平成31年医療施設動態調査によると歯科助手が勤務している歯科医院は、日本全国に68,544件存在します。歯科助手が働いている都道府県別の歯科医院件数を見ると、北海道2,937件、青森県543件、岩手県580件、宮城県1,061件、秋田県448件、山形県484件、福島県887件、茨城県1,413件、栃木県986件、群馬県974件、埼玉県3,565件、千葉県3,250件、東京都10,460件、神奈川県4,917件、新潟県1,186件、富山県445件、石川県482件、福井県298件、山梨県449件、長野県1,015件、岐阜県975件、静岡県1,758件、愛知県3,686件、三重県852件、滋賀県555件、京都府1,307件、大阪府5,484件、兵庫県2,988件、奈良県686件、和歌山県545件、鳥取県260件、島根県275件、岡山県984件、広島県1,568件、山口県673件、徳島県433件、香川県477件、愛媛県686件、高知県363件、福岡県3,069件、佐賀県420件、長崎県746件、熊本県858件、大分県535件、宮崎県513件、鹿児島県830件、沖縄県622件です。歯科助手は国家資格ではなく、だれでも歯科助手として働くことができるため、日本における正確な就業歯科助手の人数は把握させておらず常に変動しています。1件の歯科医院に2名から3名の歯科助手が働いているとすると、日本には、常に約14万人から20万人の歯科助手が働いていると推定されます。また、歯科助手の離職率は非常に高く、新たに歯科助手になる人も多いが、辞めていく人も多いです。平均在職期間を3年とし、20年間の蓄積があると仮定した場合、日本において90万人から140万人程度の歯科助手経験者がいる可能性があります。歯科助手の平均所得は300万円前後と言われています。正社員として働く場合、歯科助手の平均的な月収は15万円から22万円となっています。賞与については、歯科医院によって出る・出ないの差がありますが、一般事務職と比較すると少し高めです。東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県などの首都圏の都心部の歯科医院、中規模歯科医療法人・大規模歯科医療法人・訪問在宅診療などではたらく歯科助手においては、所得が高くなる傾向にあります。また、パートやアルバイトで働く歯科助手も多く、一般的には時給900円から1500円程度であることが多く、地域差が大きいです。また、歯科助手経験者が、歯科衛生士学校に進学し、歯科衛生士となることも多く、近年では勤務している歯科医院独自の奨学金制度を活かして、歯科助手として働きながら、歯科衛生士学校で学ぶ歯科助手も増えてきています。歯科医院での歯科助手の出世は、勤務している歯科医院の人事評価制度および歯科助手個人の能力によりことなり、診療補助という基本的に仕事に加えて、院内のマネジメント、歯科医師の代わりに患者に治療説明を行うトリートメントコーディネーターという役割、受付や会計に対する熟知・能力などが評価され500万円を超える年収を得る歯科助手もまれに存在します。歯科医院における歯科助手の仕事をより具体的に見ていくと、診療の補助として、患者の口の中にたまった水や唾液を吸う「バキューム操作」、被せ物をつけるための接着剤を練る「セメントの練和」、型取りするための粘土を練る「印象材の練和」など、さまざまな業務があります。歯科医師が治療をスムーズに行えるように器具を用意したり、受け渡しを行ったりすることも大切な業務のひとつです。経験がないとはじめてのことだらけであり、歯科助手として働き始めた最初は不安かもしれないが、歯科助手の診療補助業務は練習を重ねることでできるようになります。歯科医院では、多くの専門用語や略語が飛び交うため、歯科助手として働く上で、まずは「この言葉は何をさしているのか」「この器具はどうよばれているか」ということを覚える必要があります。また、同じ材料や器具でも勤務する歯科医院によって、よび方が違うことは多々あるため、歯科助手には勤務する歯科医院にあわせた表現をする必要があります。一つ一つの治療の目的や、歯科医師の治療方針を理解していなければ、歯科助手として適切な診療の補助はできません。WHITE CROSS株式会社が運営する歯科医療従事者向けメディアである「WHITE CROSS」では、初めて歯科業界ではたらく歯科助手や、復職したばかりで歯科助手の仕事に不安がある歯科助手向けに、歯科助手として歯科医院で働く上で必要な知識を学び、習熟度をはかる簡単なテストもできる「アシスタント教育」があり北海道地方の歯科助手、東北地方の歯科助手、関東地方の歯科助手、中部地方の歯科助手、近畿地方の歯科助手、中国地方の歯科助手、四国地方の歯科助手、九州沖縄地方の歯科助手が利用したことがあり、日本全国の歯科助手に利用されています。診療の補助以外にも、歯科助手は診療室の整備を行います。歯科医院では清潔さが求められるため、患者に使用した器具については、その都度歯科助手が洗浄し、消毒または滅菌という作業を行います。一つ一つの工程に意味があり、正しい処理を行わなければ、院内感染という大きな医療事故につながります。歯科助手の中には、器具の処理方法や感染予防について詳しく学び、「滅菌技師」という資格をとる歯科助手もいます。また、歯科医院の在庫管理も歯科助手の大切な役割です。歯科診療中に使い切ってしまった材料や使えなくなった器具は、歯科医院毎に決められた業者に発注します。材料や器具によって発注先が異なるため、まずは発注先を確認する必要があります。その他の仕事としては、季節ごとに歯科医院の飾りつけを行ったり、患者が子供連れて来た際に患者が治療している間に子供の相手をするなどがあります。歯科助手になる人のバックグランドとしては、アルバイトの場合は高校生、大学生、歯科衛生士学校の学生などが含まれることがあります。一般的には正社員、アルバイト、パート、非常勤など全てにおいて、高校卒業後進学せずに歯科助手になったケース、高校卒業後専門学校に通い美容師などの他の仕事を経験した後に歯科助手になったケース、高校卒業後専門学校や大学に通い管理栄養士などの他の資格をとった上で歯科助手になったケース、高校や専門学校や大学を卒業後に一般企業に就職した後に歯科助手になったケース、大学卒業後歯科助手になったケースなどもあります。日本においては、人口の減少に伴い、特に都心部を中心に、歯科助手の採用が難しくなってきています。特にアルバイト・パートでの採用が深刻で、求人を出しても、採用できないケースが増えてきています。その理由としては、首都圏では若年労働者の奪い合いが深刻化してきているからです。歯科助手のアルバイト・パートは、スーパーのレジ打ち、飲食店、コンビニエンスストア、アパレルなどとの競合になっており時給も高騰しています。2020年2月時点で、東京の渋谷区では喫茶店やレストランのフロア係の時給が1200円から1500円となっています。この時給は地方の歯科衛生士並みか地方の歯科衛生士以上の水準です。人材の奪い合いは常勤の歯科助手にも波及しており、近年常勤の歯科助手・受付を募集しても良い人材の応募が期待できなくなってきています。その理由は、若年労働者の多くが就職を希望する企業の営業や事務職の採用意欲が旺盛であるためです。その結果、歯科界から一般企業への歯科助手人材流出が始まっています。そのため、歯科助手として保育士や管理栄養士の採用などを行っている歯科医院も増えてきています。歯科助手は国家資格ではないため、全国的な業界団体は存在しません。歯科助手を対象とした認定資格として、日本歯科医師会が提供する認定資格、資格の大原学園やユーキャンなどが提供している認定資格、歯科医師の代わりに患者に治療説明を行うトリートメントコーディーネーターとしての資格などがあります。歯科医師の代わりに患者に治療説明を行うトリートメントコーディネーターは浸透しています。また、歯科助手の役割として、訪問・在宅診療において、マネジメントをする役割である在宅コーディネーターなどもあります。歯科助手の役割でもある在宅コーディネーターは訪問診療アシスタントなどともいいます。日本以外の国においても歯科助手という仕事は存在します。The Journal of Dental Educationによると米国の歯科助手の数は1950年から2020年までの70年間で、継続して増加してきています。米国と日本では歯科助手の仕事内容や資格制度などが大きく異なります。米国で歯科助手として働くにあたっては、どの州において働くかによって必要とされる教育が大きく異なっています。いくつかの州では日本同様に無資格でも歯科助手として働くことができる一方で、別の州では歯科助手試験に合格しなければ歯科助手として働くことができないなど、米国内でも州によって要求が異なるからです。資格が必要となる州においては歯科助手学校があり、卒業した際にえられるものが学位か、卒業証書か、サーティフィケートとよばれる証明書かによりその教育プログラムが1年から2年程度に分かれています。一般的な歯科助手学校では、歯科助手試験対策や歯科医院の臨床で必要とされるスキルの教育が行われています。全米に約270個のコミュニティカレッジ、職業訓練学校、歯科大学などが提供する歯科助手教育プログラムが存在し、平均して9から11ヶ月で卒業できるようになっています。幾つかの学校は、短期教育・週末教育・あるいは通信教育などを提供しています。その結果、米国には4つのタイプの歯科助手が存在しています。1つめの歯科助手のあり方が無資格の歯科助手であり、日本同様に無資格でも歯科助手として働ける州においてのみ存在しています。2つめの歯科助手のあり方がクオリファイド・デンタル・アシスタントです。クオリファイド・デンタル・アシスタントとは、歯科助手学校でトレーニングや講義を受けた経験を受けた歯科助手のことであり、トレーニングや講義レベルに明確な基準はありません。3つめの歯科助手のあり方がレジスタード・デンタル・アシスタントです。レジスタード・デンタル・アシスタントとは、州ごとの歯科助手登録要件を満たした歯科助手であり、専門機関から歯科助手としての証明書を与えられています。4つめの歯科助手のあり方がサーティファイド・デンタル・アシスタントです。サーティファイド・デンタル・アシスタントとは、2年間実際に歯科医院でオンジョブトレーニングの経験を持つ、あるいは歯科助手学校を卒業した歯科助手の中で、歯科助手試験に合格し、専門機関による歯科助手資格の更新要件を満たしている歯科助手です。日米問わず、歯科助手の仕事としてやりがいは、歯科医療を通じて人々の健康に寄与する社会貢献。歯科医師・歯科衛生士などの有資格職をささえる縁の下の力持ちとしての仕事、また患者への対応やコミュニケーションなどがあります。そのため、歯科助手という仕事にたいして誇りとやりがいを強く感じている歯科助手もいます。結論として、歯科助手は社会貢献性の高い素晴らしい職業です。

    「総務省統計局発表の医療施設動態調査(平成29年1月末概数)」によると、岡山県の人口約1922000名で、歯科医院数は992軒あり、歯科医院1院あたりの人口は1938人となっています。厚生労働省発表の「平成26年(2014年)医師・歯科医師・薬剤師調査の概況」によると、岡山県では歯科医師は1670名が働いています(男性1242名・女性428名)。岡山県における歯科医師の歯科医院1院当たりの勤務人数は1.68名となります。岡山県では歯科衛生士は2568名が働いています(診療所勤務2391名・病院勤務177名)。岡山県における歯科衛生士の歯科医院1院当たりの勤務人数は2.59名となります。岡山県では歯科技工士は572名が働いています。岡山県における歯科技工士の歯科医院1院当たりの勤務人数は0.58名となります。また、岡山県の歯科技工所は340箇所あります。

    また、岡山県の歯科衛生士校は「朝日医療大学校」と「インターナショナル岡山歯科衛生士学校」、歯科大学「岡山大学 歯学部」、歯科技工士校は「岡山歯科技工専門学院」があります。

    ×
    北海道・東北
    関東
    中部
    関西
    中国
    四国
    九州・沖縄
    時給
    円以上
    日給
    円以上
    月給
    円以上
    応募要件
    待遇・福利厚生
    勤務時間
    休日・休暇