2018.04.03

歯科医院で提供される医療は、大きく予防と治療の二つに分けられます。


歯科医療の予防とは

歯科医療の予防とは、むし歯や歯周病などの病気から患者さんの口を守っていく働きかけや処置を指します。つまり、病気の防ぐ医療です。


むし歯や歯周病は、患者さんの歯みがき・食生活などの生活習慣により左右され、生活習慣病としての側面が強いのです。

患者さんの健康的な生活を考えると、痛くなったら歯科医院に行き、不快な治療をうけるのではなく、日常的に予防をし、必要となった時に最小限の治療をうけることが好ましいです。また、歯科医療における予防は、全身の健康を守ることにも繋がっています。


d.Style『歯科医療のやくわり』


歯科医療の治療とは

歯科医療の治療とは、むし歯・歯周病などにより失われた、あるいは失われつつある口の機能・見た目を再構築し、健康的な状態に戻していく処置です。




予防も治療も、大切なのはその先にある患者さんの健康的な生活です。

歯科医療で人々の健康を守るというやりがいのある大切な役割を果たしてみませんか?


歯科医院で役に立つ知識を勉強してみる

WHITE CROSS『アシスタント教育』