2018.04.02

歯科助手から歯科衛生士へ。

歯科衛生士の人材不足や歯科衛生士養成学校が積極的にPRしていることもあり、この流れは徐々に加速しているように感じます。
そこで、歯科助手から歯科衛生士へというキャリアパスについてまとめました。

まず、歯科助手が歯科衛生士を目指す理由はなんでしょう。

歯科医院で勤務した歯科助手だからこそ分かる歯科衛生士という仕事の魅力や価値。

主な理由は、国家資格を取得し長く働きたい、歯科助手だと仕事の幅が限定されてしまうので、専門的な知識を身につけてキャリアアップしたい、給与を上げたい、などポジティブなものが大半です。

歯科衛生士の仕事内容を具体的に知った上で目指すので、勤務後のミスマッチが少なく、高いモチベーションで仕事に取り組めると言えます。





最近は勤務先の歯科医院が後押ししているケースも多いようです。
養成学校への通学で歯科助手として勤務できる時間は短くなってしまうものの、資格取得後に歯科衛生士として勤務してもらいたいという理由からです。

さらに医院によっては学費の補助や貸与を行なっているケースもあり、歯科衛生士の人材不足と定着率に悩む歯科医院からも期待が大きいと言えます。

歯科衛生士の資格取得のために、歯科助手の仕事を辞めて全日制の学校に入学する方もいらっしゃいますが、経済的な不安もありますので多くの方は仕事を続けながら、夜間もしくは半日(午前のみ・午後のみ)のコースへ通学しています。

社会人を積極的に受け入れている学校の場合、学生の年齢層も幅広く、また働きながら資格取得に勉強する仲間が周りにいるため、馴染みやすい環境なのではないでしょうか。

歯科衛生士の人材不足や定着率の低さは歯科業界全体の課題の一つです。

歯科助手から歯科衛生士を目指す方が増えることで、人材不足の解消だけではなく、定着率の向上にも繋がると考えられます。