2018.04.06

歯科医療は、むし歯や歯周病などの予防・治療を通じて、食べる・話すなど、人々の生きる力を支える医療です。また、美しい口もとは、笑顔の印象を良くする・健康的な印象を与えるなど、人々の気持ちを明るくします。


歯科医療というと、「歯を削ってつめる」「歯の神経をとる」「歯を抜いて入れ歯を入れる」などのイメージが強いのですが、大切なのは予防・治療の先にある患者さんの健康的な生活です。


私たち、歯科医療にたずさわる者は、できる限り多くの人々が健康的な口を維持できるように働きかけます。また、寝たきりで介護が必要となった患者さんには、歯科医療を通じて自分の口から食べられる人生を送ってもらえることを目指します。

私たちは口から食べ物を食べ、周囲の人たちとお話をします。つまり口は健康の入り口であり、心の出口でもあります。


慶應義塾大学医学部内科学教授 伊藤裕先生の図をd.Style編集部が改変

また、歯科医療は人々の全身の健康も守ることにも深く関わっています。

こちらはメタボリックドミノと言います。よくない生活習慣を続けると肥満になります。この肥満というドミノが倒れてしまうと、高血圧などになり、メタボになります。そしてどんどん下流にある大きな病気につながっていきます。そのため、これらのドミノを倒さないように、できるだけ上流で健康を維持することが大切なのです。


慶應義塾大学医学部内科学教授 伊藤裕先生の図をd.Style編集部が改変

そこにおいて歯科医療は、一番の上流を守る大切なやくわりを担っています。つまり、歯科医療のお仕事は、人々の健康を入り口で守るとても大切な仕事なのです。


慶應義塾大学医学部内科学教授 伊藤裕先生の図をd.Style編集部が改変

それだけではありません。口の健康は全身の健康につながっています。
近年の研究から、例えば歯がグラグラする病気である歯周病は、糖尿病・認知症・癌など様々な大きな病気とつながっていることがわかり始めています。また、歯を失うことが老化の始まりのサインであることや、口の不健康だと全身の虚弱が進んでしまうことなどもわかり始めています。



歯科医療は健康の入り口を守りながら、間接的に全身の健康を守る「生きる力を支える医療」です。

歯科医療で、人々の健康を守るというやりがいのある大切な仕事をしてみませんか?


歯科医院で役に立つ知識を勉強してみる

WHITE CROSS『アシスタント教育』

歯科医師のあなたにオススメの情報メディア

歯科医師向け情報メディア WHITE CROSS