訪問歯科で働く魅力 第3回『これからの訪問口腔ケアについて』

シリーズ

訪問歯科で働く魅力 第3回『これからの訪問口腔ケアについて』
歯科専門求人メディア TOPへ戻る > 記事 > シリーズ > 訪問歯科で働く魅力 第3回『これからの訪問口腔ケアについて』
2019.08.26

こんにちは、歯科衛生士の宮本友未です。

私は、訪問歯科に約7年従事した経験を活かし、「一般社団法人エンパシティックライフ」の代表理事として、訪問口腔ケアができる歯科衛生士の育成を日々行っています。

訪問歯科や口腔ケアを拡充するために、訪問歯科の立ち上げにおいてのコンサルティング業務や、病院・施設での口腔ケア研修も行っています。

この連載では、今までの経験を通して感じた、歯科衛生士として訪問歯科で働く魅力を、みなさんにお伝えできればと思っています!

筆者(左)が口腔ケアを行う様子
筆者(左)が口腔ケアを行う様子


訪問歯科におけるコミュニケーションについて

訪問歯科衛生士の仕事をしていて、何度か、悩み、岐路に立たされたことがあります。

それは、患者様とのコミュニケーションのことです。

訪問で応対する患者様は、歯科医院で応対する患者様とは異なり、十分なコミュニケーションがとれない方も多くおられます。各型認知症や、パーキンソン病、精神障害等、さまざまな疾患の理由により、何度もくり返し説明しても、急に怒り出してしまったり、暴力的になったり、怒鳴られたり、といろいろな場面に遭遇します。

ケースによっては、患者様を支えているご家族様においても、同様です。

急に「帰れ!」と言われたり、蹴られたり髪の毛を引っ張られたりすることも、度々あります。なぜそのようなことが起きたかという理由がわからないと、目の前で起きたその事象に面食らってしまい、歯科医療従事者側も傷ついたり、自信を失ってしまいます。

ただ、それらの事象には、どんなときにもかならず理由があります

目の前で起きていることを分析し、その患者様またご家族様にとって、私たちは今後どう関わるべきかを静かに考えることが必要です。

ここでは、心を乱されたり不安に駆り立てられたりせず、おだやかに科学的に分析する力が求められます。それができないと、訪問歯科衛生士の仕事を続けることはむずかしいかもしれません。


訪問歯科衛生士としての分析力を高める

では、分析するとは具体的にどのようにすれば良いのでしょうか?

それは、言葉だけでなく患者様の表情や身ぶり手ぶり、また、ご家族様や他職種からヒアリングしたこれまでの背景、といったさまざまな情報を得て、総合的に考えるということです。

患者様の人生の残りの時間を、いかに有意義に、幸せに生きていただくか」という主軸からずれないように、歯科医療従事者としてできることとできないことをわけて考え、説明し、納得いただいてから進めるということをくり返します。

その際、歯科衛生士が単独で判断してしまうと支障がでるようなことについては、かならず関係する他職種およびご家族様にも相談します。

管理栄養士の方が考案してくださった介護職
管理栄養士の方が考案してくださった介護食


コミュニケーションをとる上で大切なこと

歯科医院内で歯科衛生士が直接コミュニケーションをとる相手は、主に患者様や付き添いのご家族様、歯科医師の先生、スタッフになるかと思います。しかし、訪問歯科の現場では、それに加えて、患者様に関係しているご家族様すべて、さらにケアマネージャーを含んださまざまな他職種の方々とコミュニケーションをとる必要があります。

一人の患者様と関わる人数が多く、さまざまな意見が飛び交うため、ひとつのことを決めるのも容易なことではありません。

他職種と連携しながら口腔ケアを行う様子
他職種と連携して口腔ケアを行う様子

そんな中、訪問歯科衛生士として、自分は何ができるのかといった立ち位置や役割を明確にしながら、自分自身の歯科医療従事者としての考えをしっかり説明できるようになることがとても大切です。

今後、私が法人活動を通して、目指していきたいと考えていることは以下の3つです。
① 歯科衛生士が、歯科医院の中で働くだけではない新しい働き方として、さまざまな訪問の現場を選ぶことができるということを伝えること

② 訪問歯科衛生士としての仕事のやりがいを現場で働く方々に感じていただき、キラキラとかがやく訪問歯科衛生士ライフを送っていただくこと

③ 訪問歯科衛生士が増えることで、健康の入口をになう口腔の健康管理が推進され、国民の健康寿命延伸に貢献すること
訪問口腔ケアに携わる歯科衛生士さんたちは、必要な知識とスキルを身につけることに余念がありません。私はこういった歯科衛生士さんたちにやりがいを感じてもらえるよう、最大限のサポートをしていきたいと思っています。

訪問歯科や口腔ケアにご興味のある方、ぜひ一緒に学びましょう!

一般社団法人エンパシティックライフ 公式HPへ
一般社団法人エンパシティックライフ 公式HPへ

次回は、「歯科衛生士のための働き方改革」についてお伝えします♪


訪問歯科で働く魅力

第1回 訪問口腔ケアと歯科衛生士の果たす役割
第2回 訪問口腔ケアに従事して、見えてきた新しい世界
第3回 これからの訪問口腔ケアについて

この記事を書いた人
宮本 友未 | 歯科衛生士

訪問口腔ケアのできる歯科衛生士の育成、訪問歯科・口腔ケアの拡充、訪問歯科・口腔ケアのスタートアップコンサル、病院・施設での口腔ケア研修を主な業務とする歯科衛生士チーム「一般社団法人エンパシティックライフ」代表理事。5児の母で、多岐に渡り活動展開中。多くの講演、イベント主催、執筆活動、テレビ取材経験あり。



×
北海道・東北
関東
中部
関西
中国
四国
九州・沖縄
時給
円以上
日給
円以上
月給
円以上
応募要件
待遇・福利厚生
勤務時間
休日・休暇