歯科専門求人メディア TOPへ戻る > 記事 > ワークスタイル > 歯科衛生士目線で送る♪デンタル女子のためのメイクアップ講座*夏でも崩れないベースメイク編

ワークスタイル

歯科衛生士目線で送る♪デンタル女子のためのメイクアップ講座*夏でも崩れないベースメイク編

歯科専門求人メディア TOPへ戻る > 記事 > ワークスタイル > 歯科衛生士目線で送る♪デンタル女子のためのメイクアップ講座*夏でも崩れないベースメイク編
2019.07.04

こんにちは、岡戸優穂です。

夏になると、休憩中のメイク直しが必須!という方、仕事中のちょっとしたストレスになっていませんか?

夏は一年を通してもっともメイクが崩れやすく、さらには紫外線も気になる季節です。でも、いつものメイクを少し工夫するだけで、ぐっと崩れにくくなりますよ!

今回は、時短しながら好印象もあたえられる、夏に対応したメイクアップ方法を紹介いたします!


そもそもなぜメイク崩れが起こるのか?

メイク崩れは、肌の水分と油分のアンバランスによって起こります

夏は、汗、皮脂、湿度、エアコンによる乾燥でメイクがもっとも崩れやすい季節。おさえるべきポイントは、水分と油分のバランスなんです。

そのため、ベースメイクに気をつけるだけで、夏でも崩れにくいメイクが完成します。

バッチリと対策をして、印象が上がる夏にしましょう!


メイク方法

① メイク前のスキンケア
化粧水、乳液やクリームで肌の状態を整えます。

化粧水だけだとかえって乾燥しやすくなるので、夏でも乳液やクリームでの保湿はマストです。また、乳液やクリームをつけた直後より、スキンケア成分が肌に浸透してからの方がファンデーションのもちが良くなります

そのため、私は朝起きてから、まず水洗顔→スキンケア→身支度→ベースメイク、の順に行っています!
ワンポイントアドバイス

 ★ 自分の肌質に合ったものを選ぶ…乾燥肌の人にはクリームタイプ、脂性肌の人にはジェルタイプがおすすめ

 ★ 化粧水のあとは乳液やクリームでしっかりと保湿する

 ★ 肌が化粧水や保湿クリームで濡れていない、サラッとした状態でメイクをはじめる

② 下地をTゾーンから顔全体に塗る
Tゾーンと頬骨をメインに、他をうすく塗ることで立体感が出せます。

下地兼ハイライトを塗っているイメージで。まぶたの油分が多すぎるとアイシャドウがヨレる原因になるため、目の周りはうすく塗ります。

また、紫外線対策として、日焼け止め成分の入ったものを選ぶのがオススメです。

下地の厚塗りはメイクが崩れる原因になるので、隠したい部分があるときはコンシーラーをポイントで使用してみてください。

最後に、保湿クリーム同様、下地が乾いた状態の方がメイクが崩れにくいため、少し待ってからパウダーを塗ることをおすすめします。
ワンポイントアドバイス

 ★ 下地が乾いてからパウダーを塗る

おすすめアイテム
日焼け止めを塗るとどうしても油分が多くなりがちなので、日焼け止め効果のある下地の使用をおすすめします!

 ● excel  グロウルミナイザーUV シリーズ
今までの記事でも紹介したツヤ系下地シリーズ。
皮脂吸着成分&ラスティングポリマー配合で崩れにくく、SPF28 PA+++なのでこれからの季節にオススメ

 ● CANMAKEマーメイドスキンジェルUV シリーズ
これ1本で保湿ができ、化粧下地としても使えるので時短効果抜群!SPF50+PA++++


③ パウダーを顔の中心から全体にうすく塗る
こちらもTゾーンメインで乗せ、他はうすく塗ります。首の方までなじませると、より自然な仕上がりになります。

まんべんなくガッツリ塗ってしまうと、のっぺりとしてしまうので要注意。

パウダーは崩れやすいという声もありますが、パウダーであれば、汗をかきやすい夏でもテカりにくく、自然なツヤ感になります。
ワンポイントアドバイス
 
 ★ パウダーは下地が乾いてから塗る

 ★ 絶対に厚塗りしないこと(とくに小鼻の周り)

おすすめアイテム
 ● TIME SECRET ミネラルプレストパウダー シリーズ
軽いつけ心地なのにカバー力抜群!
値段も2,000円以下とお手頃なので、いちばんのお気に入りアイテムです。皮脂吸着効果が高く、テカリにくいのでオススメです。紫外線対策は国内最高レベルのSPF50+PA++++

 ● ETVOS ディアミネラルファンデーションシリーズ
自然にきれいな肌に見せてくれるだけでなく、肌への負担が少ないところもオススメです。
こちらも普段の紫外線対策には十分な、SPF25 PA+++


夏になると、暑さ、通勤電車、エアコンなどで、メイクに悩ませられます。しかし、適切な対策をすることで、医療人としていちばん大切な、清潔感のあるメイクが完成します。

メイク崩れによるストレスをなくして、楽しく夏を乗り切りましょう!
この記事を書いた人
岡戸 優穂 | 歯科衛生士

歯科衛生士歴4年目。東京医科歯科大学歯学部口腔保健学科卒業後、都内の歯科診療所に勤務。一般歯科、小児歯科、予防歯科に従事する中で、予防歯科の面白さを知る。2017年より寺西歯科医院に勤務し、インプラントオペ、補綴治療に携わる。ブログも更新中。



×
北海道・東北
関東
中部
関西
中国
四国
九州・沖縄
時給
円以上
日給
円以上
月給
円以上
応募要件
待遇・福利厚生
勤務時間
休日・休暇