記事 > シリーズ > 明日からの診療を10倍楽しむコーチングスキル Case2
記事 > シリーズ > 明日からの診療を10倍楽しむコーチングスキル Case2
2019.05.10

こんにちは、歯科衛生士の石田恵子です。

歯科医院でのコミュニケーション・患者さんとの関係はいかがでしょうか?信頼は築けていますか?

私は、試行錯誤を経たのち、歯科医療従事者に必須のスキルとして「コーチング」に答えを見出しました。

「コーチング」とは、もともとスポーツ界やビジネス界で取り入れられていた手法で、対話を通して相手の目標達成を支援することをいいます。

歯科衛生士としてスタートしたものの、スキルや人間関係などさまざまな悩みを持ち、これからの歯科衛生士人生に迷いをもっている方がたくさんいらっしゃいます。

そんな方々のさまざまな悩みを、コーチングスキルを用いて紐解いていきます。会話の中からさまざまな希望やヒントを見つけ出し、明日からの診療を楽しんでいただければ嬉しいです。




Case2.歯科衛生士歴 12年 高木さん

高木さんは、旦那さんの経営する歯科医院で院長夫人として働いている歯科衛生士さん。

“一般の方が歯科医院に行きたくなるように”という思いから、ブログやInstagramで「歯美人DIARY」という活動をされています。
ブログInstagramはこちら)
これからは院外に向けて情報発信をしていきたいけど、どういう風に進めればいいのかわからない…
こんなお悩みをかかえる歯科衛生士さんをコーチングしていきます。


コーチング開始

高木さん(以下、敬称略):「歯美人DIARY」を2年半続けているうちに、だんだんと認知されてきて、講演をしてほしいと言われることが増えてきました。

講演の内容は、ホワイトニング講座や院長夫人向けのセミナー、開業サポートといった歯科医療従事者向けのものから、健康長寿教室、子ども向けの教室といった一般向けのものなど…

今までは頼まれたことは断らずになんでもやってきました。

しかし、これから少しずつ活躍の場を広めていく上で、何かひとつに絞って発信した方がいいの?今のまま、オールマイティに発信していったほうがいいの?と悩んでいます。

石田さん(以下、敬称略):高木さん、すごくいろいろなジャンルの講演会をされているんですね。

それでは、その中でいちばんワクワクしたものってどれでしょう?自分がもっと発信していきたいと思うような。

高木:やっぱり、いちばん長く続けている「院長夫人講座」は楽しいです。参加型でみなさんから悩みを聞いて、それに対してアドバイスする、というのはとてもやりがいがあるなと思うんです。

石田:院長夫人講座がいちばん、なんですね。

高木:そうですね。それから、「ホワイトニング講座」。開業したばかりの頃から地道に研究を重ねてきたので、自信もありますし、とっても好きです。

でも、発信していくとなると、自分よりももっとすごい方がたくさんいて、どうしても萎縮してしまうんですよね…

そもそも講演会を引き受けているのは、歯科界全体を良くしていきたいという想いが根底にあるんです。

石田:「歯科界を良くしたい」と思っている気持ちを、もう少し聞かせていただけますか?

高木:歯科医院を経営する上では、時間や患者さんなど、さまざまな兼ね合いで、診療を妥協しなければいけないこともあります。

経営がニガテな院長の代わりに患者さんと向き合っているうちに、こうしたら良いんじゃないか、ここを改善すれば変わるんじゃないか、といったアイデアがたくさん湧いてくるんです。

ただ、いろんな考えを持った方がいるので、歯科業界のためにと思ってやっていることでも、叩かれてしまうこともある。特にホワイトニングは、いろんな先生がいろんな方法で行なっているので、やりたいことはたくさんあるのですが…

石田アクセルを踏みながらブレーキを踏んでる感じがしますね。

高木:そうですね。たぶん、主人がブレーキになっていると思うんです。どこで活動していても、結局歯科医院の看板を背負っているので、余計なことやってくれるなよ、という思いが伝わってくるんです。

主人の気持ちもわかるので、私の言ったことで眉をひそめる方が一人でもいるようなら、やるべきでないと思うんです。

石田:本来サポーターであるはずの旦那さんがそういう感じなのは、少しもどかしいですね。

高木:そうですね。SNSをしている暇があるなら、少しでも臨床をやってほしいと言うので、主人の前ではスマホもいじらないようにしています。

石田:なるほど。それでは、角度を変えてお話を伺いたいと思います。そんな高木さんの活動をサポートをしてくれる人がいるとしたら、誰とだったら上手くいきそうですか?

高木:うーん。今は思い当たらないです。いろいろな方にお声かけいただくのですが、時間とお金をかけて勉強してきたことを話すだけ話して。

喜ばれるのは嬉しいんですけど、それで終わりということが多く、それではちょっと虚しいなと思うんです。割に合わないというか。

石田:そしたら、今後はお金をもらって引き受けますか?

高木:そうですね。はい。やっぱり情報って、すごい価値があるものだと思うんです。19年間、臨床の現場でホワイトニングをやってきて、歴史を知った上で、自信を持ってアドバイスや薬剤の特色などを伝えているので。

臨床している方が稼げるのであれば、主人の言う通り、歯科医院で衛生士をやっていればいいですもんね。ただ、お金をいただいて講演するとなると、どういう内容を話したらいいんだろうって迷います。受講生を満足させられるかなあ。

石田:それでは、まず講演のメニューを作ってみてはいかがでしょう?

高木:そうですね。できそうなことを手帳に書き出してみます。

石田:そしたら、値段を決めて。ご自身がワクワクするような値段ですよ。

高木:う〜ん、むずかしいですね。わかりました。決めてみます。

石田:ありがとうございます。メニュー、できたら見せてくださいね。




高木さんの気づき〜コーチングを受けて〜

高木:今回のコーチングでは、こんなに自分の胸の内が出せると思わなくて、とてもびっくりしました。

途中で脱線したりもしましたが、私ってそうやって思っているんだ、なんでブレーキがかかってるんだろう、ということが明確になり、その理由もわかりました。

そこを踏まえた上で、今後、やりたいことを自信を持って進められるかな、と思います。


高木さんの変化〜コーチング一ヶ月後〜

高木:先日のコーチングでは、思ったよりもたくさん自分の潜在意識をお話しすることができ、自分のやりたいこと、できそうなことが明確になりました。

まずは院長夫人向けのセミナーと、ホワイトニングセミナーのふたつを開催してみようと思っています。


『チラシの写真、URLなど』


まとめ

石田様より



ご購入はこちら

*メールにて直接ご注文いただいた場合、2,000円(消費税・送料込)にて販売いたします。こちらよりお名前と必要部数をご連絡ください。

この記事を書いた人
石田 恵子 | 歯科衛生士

歯科医院経営に携わった経験より、19歳から歯科衛生士の仕事をしながら厚生労働省認定産業カウンセラーの資格を修得する。また、2004年より歯科医療者向けにコーチングセミナーを各地で開催。現在800名を超える歯科衛生士のコミュニティを運営し、情報発信や日々のお悩みを共有する場を提供している。



×
北海道・東北
関東
中部
関西
中国
四国
九州・沖縄
時給
円以上
日給
円以上
月給
円以上
応募要件
待遇・福利厚生
勤務時間
休日・休暇