2035.07.02

スタッフの多くが集まる朝礼やミーティングって、とても大切ですよね。

d.Styleでは、組織教育や文化形成に朝礼に役立ちそうな小ネタを収集して、解説したものをお届けします。
日々の診療のちょっとしたアクセントとして、有効活用いただけると嬉しいです。

【医科・歯科界】非喫煙でも「たばこ病」に 歯周病でリスク上昇

この記事では、歯周病の人はたばこを吸っていなくても「たばこ病」と言われるCOPD(慢性閉塞性肺疾患)に罹患するリスクを多く抱えていると書かれています。九州大学での調査の結果、判明しました。



この記事のポイント

近年様々な論文で、歯周病と全身疾患との繋がりが指摘されていますね。

今回はCOPD、いわゆる「たばこ病」に、「たばこを吸っていなくても」罹る可能性が高いことが調査結果として出たことに驚きがあります。
歯周ポケットに溜まった菌が肺に入ることで、呼吸機能が低下してしまうとのこと。

口腔の健康を守ること、歯周病を予防することが、ますます重要視されていきますね。職員さんに仕事の意味づけや使命感などを持ってもらうためには、うってつけのネタではないでしょうか。


【ビジネス界】東芝、7千人の人員削減へ 今後5年、希望退職も

こちらの記事では、東芝の人員削減予定について書かれています。

東芝には2018年6月現在、132,000人の社員がいるそうですが、今後5年で7,000人の削減を見込んでいるとのことです。




この記事のポイント

過去の不正会計や業績不振による事業縮小に伴って、人員削減を余儀なくされた東芝。サザエさんのスポンサーも降りてしまいましたね。

人員削減計画は、132,000人分の7,000人なので、5%といえばそこまでなのですが、やはり大きい数字です。はたしてこれは東芝だけ起きている問題なのでしょうか?

そんなことはありません。他にも、
というように、大企業の大規模な人員削減や配置転換が行われています。

特に大手メーカーや銀行など、安泰と言われていた業界でも起きていることが、IT、webの力でどんどん早くなる時代の流れを象徴しているといえます。

それゆえ、個々人がしっかりスキルアップし、不測の事態に備えておくことが大切です。歯科業界は医療業であり、社会に必要不可欠な分野です。

その中で経験を積んで必要な人材に成長することは、スタッフ皆さんにとって非常に有益なことではないでしょうか。
それが結果的に、スタッフ皆さんの安心安全、安定につながるはずです。




いかがでしたか?来週もお楽しみに!

今週の朝礼に使える小ネタ集

第2回 非喫煙でも「たばこ病」に 歯周病でリスク上昇 ほか