2030.12.30

東京メトロ丸ノ内線の四谷三丁目駅から徒歩2分のアクセスの良い立地にある新宿鍼灸柔整歯科衛生専門学校。
元々、中学校だった建物だけあって、都心の専門学校とは思えない、広々とした作りの専門学校です。

歯科衛生士学校の他に、鍼灸師や柔道整体師が入っており、専門学校というよりは大学のキャンパスに近い雰囲気が特徴。

今回は新宿鍼灸柔整歯科衛生専門学校 歯科衛生学科 午前部 1年生のKさんに、お話を伺いました。


新宿鍼灸柔整歯科衛生士専門学校 歯科衛生士科 午前部 1年生 Kさん

歯科衛生士に興味を持ったきっかけ

20代の頃に通っていた歯科医院で、ブラッシング指導や口内ケアが素晴らしい歯科衛生士さんに出会ったことがきっかけです。

その歯科衛生士さんが先生と連携して仕事をしている様子に感銘を受け、歯科衛生士の仕事に興味を持ちはじめました。
2年程前から歯科助手の仕事をスタートし、現在は週1で歯科助手を続けながら、学校に通っています。


午前部のおかげで子育てと両立できています!

まだ子どもが小さいので、朝から夕方までの授業にすべて参加するのはむずかしいと思いました。

なかなかライフスタイルにあう学校が見つからない中、1日2コマのカリキュラムのこちらの学校を見つけ、入学しました。

他にも家の近くに夜間部のみ同じカリキュラムの学校もあったのですが、朝から家事などで活動しているので体力的に厳しいと感じました。この学校じゃなかったら、歯科衛生士を目指すのは難しかったと思いますね。





午後は子どもの送り迎えや家事をしています

最初は高校新卒の学生が多いことが不安でしたが、雰囲気は和気あいあい。逆に子どもと歳が近い学生に、子どもについての相談ができ、最初の不安は無用でした…!

勉強は、土日の午前の時間と、夫と子どもが帰ってくるまでの時間にするようにしています。また1時間ほどの通学時間も勉強にあてています。

将来は歯科衛生士として幅広く活動するのが夢です!

これまで働いてきた歯科医院で歯科衛生士として働くつもりです。今まで歯科助手ではできなかった、予防処置や保健指導ができるようになるのが楽しみです。

また学会のセミナーや研究、海外での歯科衛生士の仕事にも興味が出てきました。

将来は歯科医院で働くだけではなく、外の世界を見て、歯科衛生士として活躍できるフィールドを増やしていきたいと考えています。


新宿鍼灸柔整歯科衛生専門学校について

新宿鍼灸柔整歯科衛生専門学校の施設の写真や詳しいご紹介、お問い合わせ先などは以下よりアクセスいただけます。

d.Style『歯科助手から歯科衛生士へ キャリアアップチャンス!』へ


その他の在校生の声はこちら