2018.09.03

歯科衛生士のみなさんの中には、今の自分の条件が周りと比較していいのか悪いのか、ワリに合っているかいないかなど、一度は気になったことがある方がいるのではないでしょうか。

様々な条件がある中で、今回は歯科衛生士の時給に関して、調査データを元に考えていきたいと思います。
参考にしていただけると嬉しいです!


[目次]

1.そもそも非常勤ではたらいている人の割合は?
2.気になる時給の相場は?
3.比較のポイントをお伝えします!


1.そもそも非常勤ではたらいている人の割合は?

歯科衛生士の勤務実態調査報告書によると、現在歯科衛生士としてはたらいている方のうち4割くらいが、非常勤のようです。

ちなみに、看護職員就業状況等実態調査結果をみると、同じ医療職である看護師の場合、非常勤勤務者は全体の2割弱でした。

それを考えると、歯科衛生士は非常勤としてはたらく割合が多いです。なので、非常勤の給与相場を知っておくことは重要ですね。


非常勤勤務者の割合


2.気になる時給の相場は?

歯科衛生士の勤務実態調査報告書によると、一番多い回答は、「1,100円以上1,300円未満」で31.5%でした。

次が「1,300円以上1,500円未満」で23.7%、そして「900円以上1,100円未満」で21.5%と続いています。


歯科衛生士の勤務実態調査報告書 8.給与額(税込) 非常勤全体 をもとに編集

ご自身はどこに当てはまりましたか?

それではこれを、どう考えるとよいのでしょうか?


3.比較のポイントをお伝えします!

 ① 同一エリア内の歯科衛生士求人と比較する

例えば北海道の人が、東京の求人を見て「給与が高いなぁ」と思うのは、物価も関係するので当然のことです。
まずはご自身が住んでいるエリア(都道府県や市区町村)の歯科衛生士求人と比較しましょう!


 ② 異なるエリアの歯科衛生士求人と比較する

もし引越しなどをお考えの場合は、エリア間での比較をするとよいですね。

エリアを変わることで給与のベースがどう変わるのか、厚生労働省が地域別最低賃金の一覧をHPで公開していますので、参考にしてみてください。

(例)岐阜県から東京都に引っ越す予定の場合
現在の時給が1,000円だとすると…
岐阜県の最低賃金が800円ということは、現在の職場は最低賃金の約1.2倍

東京都の最低賃金は958円。
958円 × 1.2倍 = 1,200円。

ということは、東京都で歯科衛生士求人を探す場合は、1,200円くらいは求めてもよさそう、と考えます。


いかがでしたか? 
給与額というのは、生きていく上でとても大切な部分ですよね。

一方で、はたらく上での全体的な納得度は、やりがいや勤務時間と給与とのバランスなど、給与だけでは計りづらいところがあります。

今回のコラムが、歯科衛生士のみなさんが納得してイキイキ働くための情報になったならとても嬉しいです。
d.Styleでは、歯科業界で働く歯科衛生士さんを応援しています!