歯科助手の求人を選ぶときのポイントって?

キャリアアップ

歯科助手の求人を選ぶときのポイントって?
歯科専門求人メディア TOPへ戻る > 記事 > キャリアアップ > 歯科助手の求人を選ぶときのポイントって?
2018.10.08

仕事を探すときに、何をどう整理すればよいか、優先順位をどうつけたらよいかなど、迷うことが多いのではないでしょうか。

今回は、歯科助手のみなさん(もしくはいまから歯科助手になるみなさん)が、仕事を選ぶときに気をつけておいたほうがよいポイントについて解説していきたいと思います。

仕事選びの参考にしてくださいね!


[目次]

1.求人の選び方。ポイントは2つある!
2.待遇面で選ぶ
3.やりがい面で選ぶ
4.優先順位のつけ方


1.求人の選び方。ポイントは2つある!

仕事を探すときに大切なポイントは2つあります。

 ● 待遇(たいぐう)面
 ● やりがい面

この2つです。まず大きく2つあるんだということを頭に入れて探すだけでも、仕事選びの納得度が全然違います。

それぞれ見ていきましょう。

歯科助手の求人の選び方。ポイントは2つある!


2.待遇面で選ぶ

待遇を具体的にいうと… 

 ● 労働時間
 ● 駅からの距離やアクセス
 ● 休日休暇
 ● 提示された給与
 ● 保険や手当などの福利厚生

などです。

ハローワークや求人サイトでは必ず掲示されますし、どこで見ても変わらない内容です。
一般的にいわれている「条件」という言葉は、この待遇のことを指すことが多いかもしれません。


3.やりがい面で選ぶ

やりがいを具体的にいうと…

 ● スタッフ同士の関係や雰囲気がよさそうか
 ● 院長の人柄が合いそうか
 ● 研修や教育の環境が合いそうか
 ● 任される仕事内容が興味を持てそうか

などです。
たとえば、“若くて勢いのある職場”も、“ママさんが多くて支えあえる職場”も、「仲のよい職場です」とアピールすることはできますよね。

ご自身にあうかどうか、フィットするかを判断できるのはこちらのポイントになります。


4.優先順位のつけ方

待遇面とやりがい面、単純にどちらが大切ということはできません。
自分の状況に合わせて、待遇面とやりがい面を整理することが必要です。

むずかしく考える必要はありません。たとえば以下のような表を作って、興味のある医院が自分とフィットするかを考えてみてください!

項目 優先順位 理由
やりがい 仕事内容
接客がやりたい
評価制度
ゆくゆくでいい
待遇 給与
最初は低くてもいい
アクセス
保育園の送迎
ママスタッフの数
家庭との両立


いかがでしたか?
コツをつかんで、納得できる仕事選びをしていただきたいと祈っています!
この記事を書いた人
永畑 雄太 | WHITE CROSS株式会社 人材事業部 主任

大手人材会社2社でキャリアアドバイザーとして7年半務める。今まで3000名以上のカウンセリングと350名以上の支援をしており、医療系と営業帯域の担当経験を持つ。自身も複数回転職をし、納得も後悔もしているため、一人でも良いキャリアを築いて躍動してほしい想いが人一倍強い。



×
北海道・東北
関東
中部
関西
中国
四国
九州・沖縄
時給
円以上
日給
円以上
月給
円以上
応募要件
待遇・福利厚生
勤務時間
休日・休暇