2022.07.01

東京メトロ表参道駅から明治神宮に向かって伸びる大通り、表参道。

元々は1919年に明治神宮の参道として整備されたこの通りですが、現在ではおしゃれでセンスのいいお店が立ち並ぶ、一大ショッピングストリートとなっています。

今回は、表参道で働く歯科衛生士 加藤エリカさんにインタビュー。


通りの両側にはブランドショップの路面店が多く立ち並び、東京では銀座と並ぶブランド街。
Q1.通勤時間はどのくらいですか?

家を出て、職場に着くまでが、だいたい1時間くらいです。

電車で通っているのですが、私の職場は診療時間が11時からと遅いので、通勤ラッシュはあんまり気にしたことないですね。


表参道駅から徒歩5分の場所で働く加藤さん。
Q.どんな患者さんが多いですか?

20〜50代の方が中心ですね。年齢問わず、綺麗な方が多い気がします。
女性が多いからかもしれませんが、ホワイトニングやメンテナンスで通われている人が多いです。

アドバイスにきちんと応えてくださる患者様もたくさんいるので、衛生士としてのやりがいを感じられます。

Q.クリニックでの仕事内容は?

受付からホワイトニング、メンテナンスが基本業務です。



こちらの病院では、衛生士さんがまず患者さんの悩みを聞き、信頼関係を築くという。


Q.オフの過ごし方は?

休日は、わざわざ出てくることは少ないのですが、仕事終わりに、ウィンドウショッピングをしながら帰るのが趣味です。

表参道はシーズンごとにディスプレイがガラッと変わるお店が多いので、眺めているだけでも飽きません。


お昼休みに利用する、お気に入りのカフェ

Q.表参道を選んだ理由は?
もともとホワイトニングに興味があって、表参道はホワイトニング専門でやっている医院も多いので、そういうところで学んで、極めたいなと思っていました。

ここはホワイトニング専門ではないのですが、希望される患者さんが地元にいた頃よりも多く、先輩にはホワイトニングコーディネーターの資格を持っている方もいて、とても勉強になります。


* * *

最近の目標は、ホワイトニングコーディネーターになること、という加藤さん。

医院の様子が見られる求人サイトで、理想の診療所を探してみませんか?



無料会員登録はこちら