2018.08.10

日本の歯科業界にはたくさんの資格制度が存在し、その代表格が歯科医師免許・歯科衛生士免許・歯科技工士免許です。

これらの資格は『国家資格』といって、国で認められている認定制度です。
しかしその他にも『協会認定資格』『学会認定資格』など、自身のスキルアップのための資格がたくさん制定されています。

今回はたくさんある資格のうち、特に歯科衛生士さん・歯科助手さん向けの資格『デンタルコーチ』について、徹底解説しますよ!


[目次]

1.デンタルコーチング®️とは?
2.認定デンタルコーチの業務
3.資格取得に求められること
4.資格のとりかた
5.認定デンタルコーチの働き方(coming soon)

1.デンタルコーチング®️とは?

デンタルコーチング®は株式会社オフィスウェーブが独自に開発した技術。
歯科の現場で活かし、実績を上げるために、コーチングとティーチングを融合させたスキルです。

コーチングとは、クライアント(相手)が「なりたい自分」になるために、励ましたり、アドバイスしたり、質問や助言、共感をしてあげることで、自ら歩み出せるように導き出すこと。

すべてのデンタルコーチング®術セミナーコースを受講することで、認定試験を受ける資格が与えられます。
その試験に合格することで、認定デンタルコーチの資格を取得できます。


2.認定デンタルコーチの業務

デンタルコーチングでは、患者さんに最良の治療をコーチすることを狙いとしています。

患者さんと良好な関係を築き、患者さんが積極的に診療に取り組める環境をつくってあげることで、
カウンセリングでの成功率をあげたり、キャンセル率をさげたりする一翼を担うことができます。


3.資格取得に求められること

コミュニケーションスキルは、歯科医院で働く上で必須のスキルです。
認定デンタルコーチの資格取得者は、コミュニケーションのプロと言っても過言ではありません。

患者さんだけではなく、院長先生やスタッフさんなどとも良好な関係を築くことができれば、
チームの結束が強くなり、離職率の低下にも貢献できるのではないでしょうか。




4.資格のとりかた

認定デンタルコーチの資格は、だれでも取得可能。
オフィスウェーブ主催のデンタルコーチング術®︎セミナーコースを受講後、認定試験を受け、合格すると資格が取得できます。

セミナースケジュールはこちら


***


いかがでしたか?
日々の診療のスキルアップとして、自信にもつながる資格なのではないでしょうか?
まずはセミナーや講習会を受けたり、受講生の声を直に聞いてみるのもいいかもしれませんね。
応援しています!