2018.08.10

日本の歯科業界にはたくさんの資格制度が存在し、その代表格が歯科医師免許・歯科衛生士免許・歯科技工士免許です。

これらの資格は『国家資格』といって、国で認められている認定制度です。
しかしその他にも『協会認定資格』『学会認定資格』など、自身のスキルアップのための資格がたくさん制定されています。

今回はたくさんある資格のうち、特に歯科衛生士さん・歯科助手さん向けの資格『デンタルコーチ』について、徹底解説しますよ!


[目次]

1.デンタルコーチング®️とは?
2.認定デンタルコーチの業務
3.資格取得に求められること
4.資格のとりかた
5.認定デンタルコーチの働き方(coming soon)


1.デンタルコーチング®️とは?

デンタルコーチング®は株式会社オフィスウェーブが独自に開発した技術。
歯科の現場で活かし、実績を上げるために、コーチングとティーチングを融合させたスキルです。

コーチングとは、クライアント(相手)が「なりたい自分」になるために、励ましたり、アドバイスしたり、質問や助言、共感をしてあげることで、自ら歩み出せるように導き出すこと。

すべてのデンタルコーチング®術セミナーコースを受講することで、認定試験を受ける資格が与えられます。
その試験に合格することで、認定デンタルコーチの資格を取得できます。


2.認定デンタルコーチの業務

デンタルコーチングでは、患者さんに最良の治療をコーチすることを狙いとしています。

患者さんと良好な関係を築き、患者さんが積極的に診療に取り組める環境をつくってあげることで、
カウンセリングでの成功率をあげたり、キャンセル率をさげたりする一翼を担うことができます。


3.資格取得に求められること

コミュニケーションスキルは、歯科医院で働く上で必須のスキルです。
認定デンタルコーチの資格取得者は、コミュニケーションのプロと言っても過言ではありません。

患者さんだけではなく、院長先生やスタッフさんなどとも良好な関係を築くことができれば、
チームの結束が強くなり、離職率の低下にも貢献できるのではないでしょうか。

デンタルコーチングの資格取得に求められること


4.資格のとりかた

認定デンタルコーチの資格は、だれでも取得可能。
オフィスウェーブ主催のデンタルコーチング術®︎セミナーコースを受講後、認定試験を受け、合格すると資格が取得できます。

セミナースケジュールはこちら


***


いかがでしたか?
日々の診療のスキルアップとして、自信にもつながる資格なのではないでしょうか?
まずはセミナーや講習会を受けたり、受講生の声を直に聞いてみるのもいいかもしれませんね。
応援しています!


この記事を書いた人
d.Style編集部

d.Styleは国内最大級の歯科医療従事者向け情報サイト『WHITE CROSS』の姉妹ブランドとしてスタート。メンバーは歯科医師・大手人材会社・歯科関連企業出身者で構成されており、“歯科と人材ビジネス”両方のプロフェッショナルが、転職にまつわる情報や、歯科業界ではたらく上で役立つ情報を発信していく。



歯科衛生士業務優先です。 原因から検査して、本当に治す医療ができます。

歯科衛生士業務優先です。 原因から検査して、本当に治す医療ができます。

 国際ビル歯科  

正職員(常勤)

月給 ¥270,000~/月

東京都 千代田区丸の内3-1-1 国際ビル地下1階(帝国劇場併設)

JRと地下鉄の有楽町駅、日比谷駅、二重橋前駅に近く、東京駅からも歩いて8分です。地下鉄の有楽町駅、日比谷駅、二重橋前駅はビルと直結しています。傘はいりません。