2018.06.21

東京メトロ丸ノ内線の四谷三丁目駅から徒歩2分のアクセスの良い立地にある新宿鍼灸柔整歯科衛生専門学校。
元々、中学校だった建物だけあって、都心の専門学校とは思えない、広々とした作りの専門学校です。

歯科衛生士学校の他に、鍼灸師や柔道整体師が入っており、専門学校というよりは大学のキャンパスに近い雰囲気が特徴。

今回は新宿鍼灸柔整歯科衛生専門学校 歯科衛生学科1年生のHさんより、お話を伺いました。


新宿鍼灸柔整歯科衛生専門学校 歯科衛生学科1年 Hさん


授業は午前中だけ! アルバイトと両立しながら勉強ができる

授業は午前中だけなので、午後はドラッグストアでアルバイトをしながら勉強を続けています。

授業は全部面白いし、実習も楽しいです。歯石を取る実習は、マネキンでじっくり練習したあと、友だち同士で実施します。

友だちの歯石を取るとき、最初は手が震えてうまくできなかったのですが、回数を重ねていくと上手にできるようになりました。
自分が歯科衛生士に向かって成長している実感があります。



家の近所のドラッグストアでアルバイトをしています


「実はお給料がいい」というのも歯科衛生士の魅力

東京には歯科衛生士になるための学校がたくさんありますが、新宿医療専門学校は「午前の部」と「午後の部」に分かれていて、放課後はアルバイトができるのが魅力で入学しました。

卒業後は大きな病院で働きたいと思っています。

歯科衛生士は全国的に人数が不足しているそうなので、就職はとてもスムーズだそうです。
また、「実はお給料がいい」職業の一つだそうで、その点も今から楽しみです(笑)。



自習にも便利な「女性専用ラウンジ」です



新宿鍼灸柔整歯科衛生専門学校について

新宿鍼灸柔整歯科衛生専門学校の施設の写真や詳しいご紹介、お問い合わせ先などは以下よりアクセスいただけます。

d.Style『歯科助手から歯科衛生士へ キャリアアップチャンス!』へ


その1はこちら