歯科専門求人メディア TOPへ戻る > 記事 > シリーズ > 歯科衛生士の生きる道〜どんな辞め方をするかが大事〜

シリーズ

歯科衛生士の生きる道〜どんな辞め方をするかが大事〜

歯科専門求人メディア TOPへ戻る > 記事 > シリーズ > 歯科衛生士の生きる道〜どんな辞め方をするかが大事〜
2018.06.01

皆さま、こんにちは。
H.M’s COLLECTION 公認インストラクターで、歯科衛生士の玉置まゆです。

今回は、ある歯科衛生士さんの退職エピソードをご紹介します。

私がインストラクターとして関わった歯科医院でのお話です。

歯科衛生士の生きる道〜どんな辞め方をするかが大事〜

最初に代表の濵田真理子が医院理念・経営・チーム医療で歯科衛生士の定着を行い、翌年、インストラクターの福田知恵子が知識の統一に入っています。

私はそのあとに技術の向上と統一を目的にインストラクターとして入りました。

院外研修の様子


今回、長年勤務したチーフ衛生士から院長とスタッフへのお手紙。
院長●●先生

長い間ありがとうございました。
何があっても私を見捨てず働かせてくださり、ありがとうございました。

スタッフのこと、臨床のこと、ケンカもたくさんしましたが、私は院長の歯科医師として患者さんに対する姿勢をいつも尊敬していました。
たまに歯科医院を辞めたいとさまようときもありましたが、そんなとき、医院で積み重ねてきた日々や院長との信頼関係が私に働き続ける元気をくれました。

ケンカができるくらい本音で話せたのは、院長が私たちスタッフを大事に思ってくれているのが伝わってきていたからです。
院長の側で働き続けて楽しかったです。
院長と言い合える、本気で向き合える関係で良かったです。

ありがとうございました。
●●歯科の益々の発展をお祈りしています。
また●●(土地)に来たときには遊びにきますね。

長い間、ありがとうございました。

●●歯科
平成 30 年 3 月 ●● ●●子
実は、チーフは院長にだけではなくスタッフ一人ひとり全員にお手紙を書いていました。
素敵ですね。

私も、いくつかの歯科医院で働いてきましたが、自分が勤務した歯科医院を去るときには常に「今までありがとうございました」と感謝の言葉を伝えてきました。

寿退職で辞める人、やむ得ずの理由で退職する人。辞める理由は様々ですが... あとに残る人のためにも入職のとき以上に丁寧に去ってくださいね。

これからの自分の歯科衛生士人生のためにも。

玉置 まゆ


H.M’s COLLECTIONについて

エイチ・エムズコレクションは、資格を持つ女性がいつまでも社会に触れることができるような場を提供するために、1994年に設立されました。

現在では企画・人材育成会社として、200名を超える正社員と登録メンバーにより、歯科・美容・介護など様々な分野で各担当者が活動しています。ご興味を持たれた方はぜひご連絡くださいね。(公式サイトはこちら

H.M’s COLLECTIONについて
この記事を書いた人
玉置 まゆ | 歯科衛生士

歯科衛生士学校を卒業後、銀座の天井久代先生のもとでたくさんの学びを重ねる。チーフ経験の中で新人教育の重要性を痛感する。転職後は、歯科医院の新規立ち上げや分院のスタッフ育成、仕組みづくりなどを行う。2015年よりエイチ・エムズコレクションに所属。WHITE CROSS『歯科医療人紹介ページ』へ



×
北海道・東北
関東
中部
関西
中国
四国
九州・沖縄
時給
円以上
日給
円以上
月給
円以上
応募要件
待遇・福利厚生
勤務時間
休日・休暇