2018.04.05

歯医者さんに行くと、治療をしてくれる『先生(歯科医師)』と、おくちの中のクリーニングをしてくれる『看護婦さん(歯科衛生士)』、そして唾液をゴゴゴーという器具で吸ってくれる女性や、受付のお姉さんがいますよね?

『先生』は歯科医師だということはなんとなくわかるけど・・歯科衛生士?歯科助手?その違いから、歯科助手さんの働き方とキャリアアップまで、詳しくご紹介していきますね。


[目次]

1.歯科助手と歯科衛生士
2.歯科助手の仕事内容は?
3.歯科助手に向いている人は?
4.歯科助手になるためにはどうすればいいの?
5.歯科助手の給料
6.歯科助手の数と求人状況
7.歯科助手として働く場所は?
8.歯科助手のキャリアアップ


1.歯科助手と歯科衛生士

歯科助手はデンタルアシスタント(Dental Assistant/ DA)と呼ばれるのに対し、歯科衛生士はデンタルハイジ二スト(Dental Hygienist/DH)と呼ばれています。

大きな違いは『国家資格』を持っているかどうかで、歯科衛生士は一般的に3-4年間専門の学校に通い、歯科衛生士国家試験に合格すると、『歯科衛生士』という資格を持ちます。

歯科助手はデンタルアシスタントと呼ばれるとおり、歯科でアシスタント(助手)をする方を指します。主に歯科医院で働く人のうち、国家資格を持たない方を総称して歯科助手とまとめることが多いようです。

仕事内容の違いは、歯科衛生士は専用のブラシや器具を使って患者さんのお口の中のお掃除できるのに対し、歯科助手は患者さんの口の中をさわることはできません。
ゴゴゴーと唾液を吸うお姉さんは訓練をしていれば資格は必要ありませんので、歯科衛生士さんか歯科助手さんのどちらでもできるお仕事内容のひとつです。




2.歯科助手の仕事内容は?

歯科助手としての主な仕事内容は、歯科医師の診療のお手伝いをしていただくこと、受付の業務(受付専門で勤務している方もいます)や患者さんのお話を聞く専門カウンセラー(トリートメントコーディネーター)のようなお仕事、歯科医院の裏方として経理などの事務作業を行う方(事務長)、など多岐に渡ります。

ここでは主に一般的な歯科助手のイメージでもある、診療のお手伝いをする歯科助手の方のお仕事をご紹介していきますね。ただ歯科助手は歯科衛生士のように職務内容を定められているわけではありませんので、勤務するクリニックによって内容は大きく異なります。

 ● 先生が治療している時のお手伝い

患者さんの唾液を吸ったり、被せ物をつけるための接着剤を練ったり、型取りするための粘土を用意するなど様々です。


 ● 在庫の管理やクリニックの整備

先生が治療をスムーズに行えるように器具を用意したり、使い切ってしまった材料を業者さんに発注するなどのお仕事もあります。他にも、歯医者さんでは清潔さが求められますので、患者さんに使用した道具を洗浄し、滅菌という作業を行います。


 ● その他

歯科助手さんの仕事内容はクリニックによって様々です。季節ごとに受付周りに手作りでデコレーションをしたり、お母さんが治療している間お子さんの相手をしてあげるなんてこともあります。


3.歯科助手に向いている人は?

歯科医院は“病院” ですので、ある程度の身なりの清潔さは必要です。

そして歯科医師や歯科衛生士が診療しやすいようにサポートする能力が求められます。クリニックによっては歯科医師や歯科衛生士よりも患者さんと長くお話する機会もありますので、患者さんとのお話が好きで、上手にコミュニケーションが取れる方には特に向いている職業です。

歯科医院は、健康であっても定期的に通う、唯一の病院(科)です。
定期的に来院していただく患者さんのお名前やお顔を覚えて歯科助手さんからお声がけすると、患者さんもきっと通いやすい歯科医院になるのではないでしょうか。




4.歯科助手になるにはどうしたらいいの?

歯科助手になるために、特に資格は必要ありません。

クリニックによっては高校を卒業してからすぐ働いている方や、別の職業から転職してくる方もいらっしゃいます。歯科助手専門の学校もありますが、多くの方は初めては未経験者ですから、求人情報を見て面接を受けて、採用されたらあなたも『歯科助手』さんです!

歯科助手は一通りの診療内容を覚えたら他のクリニックでも働きやすい職種です。中には歯科助手として勤務を始めてから歯科衛生士という職業を知り、歯科助手として働きながら歯科衛生士学校に通う方もたくさんいらっしゃいます。


5.歯科助手の給料

しっかりとした統計での数値はありませんが、おおよその目安として歯科助手の平均年収は250-300万円と言われています。一般企業に勤める30代前半の女性の平均年収は315万円ですが、長く勤務している助手さんは昇給します。

また、パートタイムの勤務や週数回の勤務ができる点で女性には働きやすい環境ですね。


6.歯科助手の数と求人状況

全国の歯科助手の数は把握できていませんが、歯科医院の数は全国で6万9千件あり、歯科助手の求人もたえず掲載されています。これから先に歯科医院がなくなることはありませんし、今後も安定した収入と求人が見込めます。

d.Style『仕事を探す』へ


7.歯科助手の働く場所は?

主に歯科医院で働きます。

歯科は専門用語が多く覚えるまでが大変ですから、いちど歯科助手として働いた経験は、再就職やいざというときの転職の際にもとても重宝されます。


8.歯科助手のキャリアアップ

歯科助手は資格がなくても始められるお仕事ですが、歯科助手が取得できる認定資格や歯科助手専門のスクールがあります。スキルアップや自信にもつながりますから、ぜひチェックしてみてください!