歯科助手ってどんな仕事?【2019年版】

ワークスタイル

歯科助手ってどんな仕事?【2019年版】
歯科専門求人メディア TOPへ戻る > 記事 > ワークスタイル > 歯科助手ってどんな仕事?【2019年版】
2019.06.17

歯医者さんに行くと、治療をしてくれる「先生(歯科医師)」と、お口の中の検査やクリーニングをしてくれる方、そして唾液をゴゴゴーという器具で吸ってくれる女性や、受付を担当する方がいますよね?

「先生」が歯科医師だということはなんとなくわかるけど…その他の人は歯科衛生士?歯科助手?この記事では、両者の違いから、歯科助手の働き方とキャリアアップまで、詳しくご紹介していきます!


[目次]

1.歯科助手と歯科衛生士
2.歯科助手の仕事内容は?
3.歯科助手に向いている人は?
4.歯科助手になるためにはどうすればいいの?
5.歯科助手の給料
6.歯科助手の数と求人状況
7.歯科助手として働く場所は?
8.歯科助手のキャリアアップ


1.歯科助手と歯科衛生士

歯科助手はデンタルアシスタント(Dental Assistant/ DA)とよばれるのに対し、歯科衛生士はデンタルハイジ二スト(Dental Hygienist/DH)とよばれています。

大きな違いは「国家資格」をもっているかどうかで、歯科衛生士は一般的に3〜4年間、歯科衛生士養成課程が設置された教育機関(いわゆる歯科衛生士学校)に通います。歯科衛生士学校を卒業し、国家試験に合格することができれば、「歯科衛生士」という国家資格が与えられます。

仕事内容の違いは、歯科衛生士は専用のブラシや器具を使って患者さんのお口の中のお掃除ができるのに対し、歯科助手は患者さんの口の中をさわることはできません。

アシスタント業務については、訓練されすれば資格がなくてもできるため、歯科衛生士・歯科助手のどちらでもできるお仕事内容のひとつです。

歯科助手と歯科衛生士のちがい


2.歯科助手の仕事内容は?

歯科助手はデンタルアシスタントとよばれるとおり、主な仕事内容は歯科医師の診療のお手伝いをすることです。

ほかにも、一般的な受付業務に加えて、患者さんのお話を聞く専門カウンセラーのようなお仕事(トリートメントコーディネーター)、歯科医院の裏方としての経理や事務作業など多岐にわたります。中には、受付専門で勤務している方や、事務作業のみを専門で行う方もいます。
(参考:トリートメントコーディネーターってどんな資格?

ここでは主に、一般的な歯科助手のイメージでもある、診療のお手伝いをするお仕事をご紹介していきます。ただ、歯科助手は歯科衛生士のように職務内容を定められているわけではありませんので、勤務するクリニックによって仕事内容が大きく異なるということを覚えておいてください。

 ● 治療のアシスタント

アシスタント業務には、患者さんの口の中にたまった水や唾液を吸う「バキューム操作」、被せ物をつけるための接着剤を練る「セメントの練和」、型取りするための粘土を練る「印象材の練和」など、さまざまな業務があります。

先生が治療をスムーズに行えるように器具を用意したり、受け渡しを行ったりすることも大切な業務のひとつです。経験がないとはじめてのことだらけなので、最初は不安かもしれませんが、これらの業務は練習を重ねれば必ずできるようになります

診療室では、多くの専門用語や略語が飛び交うため、まずは「この言葉は何をさしているのか」「この器具はどうよばれているか」ということを覚える必要があります。また、同じ材料や器具でも勤務する歯科医院によって、よび方が違うことは多々あるので、勤務する歯科医院にあわせた表現をします。

それぞれの治療の目的や、先生の治療方針を理解していなければ、適切なアシスタントはできません。わからないことやできなかったことがある場合は、積極的に質問や相談をするようにしましょう。

姉妹サイト「WHITE CROSS」では、初めて歯科業界ではたらく方や、復職したばかりで歯科助手の仕事に不安がある方などのために、習熟度をはかる簡単なテストを用意しています。まずはそこから少しずつはじめてみてもよいかもしれません。

WHITE CROSS『アシスタント教育』へ


 ● 診療室の整備

歯科医院では清潔さが求められるため、患者さんに使用した器具については、その都度洗浄し、消毒または滅菌という作業を行います。それぞれの工程に意味があり、正しい処理を行わなければ、院内感染という大きな医療事故につながります。

それぞれの歯科医院ごとに定められた処理方法があるため、間違いがないよう的確に覚えましょう。

歯科助手の中には、器具の処理方法や感染予防について詳しく学び、「滅菌技師(士)」という資格をとる方もいます。知識を深めたい方にはぜひおすすめの資格です。
(参照:滅菌技師(士)ってどんな資格?


 ● 在庫管理

診療中に使い切ってしまった材料や使えなくなった器具は、歯科医院で決められた業者さんに発注します。材料や器具によって発注先が異なるため、まずは発注先を確認する必要があります。

また、ひとつずつ発注するものもあれば、いくつかまとめて発注するもの、セットで発注するものもあります。はじめて発注するものについては、必ず先輩スタッフに相談してから行いましょう。


 ● その他

歯科助手の仕事内容はクリニックによってさまざまです。季節ごとに飾りつけを行ったり、お母さんが治療している間にお子さんの相手をしてあげるなんてこともあります。

歯科医院で販売している物品のPOPや、患者さん向けのポスター作りといった、歯科医院のためにも、患者さんのためにもなるような仕事を行うと、多くの人から感謝されます。良いアイデアが思いついたときは、自分なりに提案してみてもいいかもしれません♪


3.歯科助手に向いている人は?

歯科医院は“病院”ですので、ある程度の身なりの清潔さは必要です。

そして歯科医師や歯科衛生士が診療しやすいようにサポートする能力が求められます。歯科医院によっては、歯科医師や歯科衛生士よりも患者さんと長くお話する機会がある場合もあります。そのため、人と話すことが好きで、上手にコミュニケーションがとれる方にはとくに向いている職業です。

歯科医院は、健康であっても定期的に通う、唯一の病院(科)です。

定期的に通っている患者さんの名前や顔を覚えて声かけをすれば、患者さんが通いやすく、居心地が良いと感じてもらえる歯科医院になるのではないでしょうか。

歯科助手に向いている人は?


4.歯科助手になるにはどうしたらいいの?

歯科助手になるための資格は、とくにありません。求人情報を見て、面接を受け、採用されれば、あなたも「歯科助手」です!

歯科助手として働いている方の中には、高校生のときからアルバイトで働き、高校卒業後は正社員としてそのまま働き続ける方もいれば、まったく別の職業から転職する方もいます。

多くの方がはじめは未経験者ですが、歯科助手資格を取得できる学科を設けている高校や、専門学校もあります。
(参考:学校法人大淀学園 鵬翔高等学校 くらしの化学科 医療歯科コース

歯科助手資格を取得できる学校では、医療事務やパソコン技能検定、秘書技能検定といった資格が取得できる学校もあり、卒業後は幅広い活躍が見込まれます。

歯科医院で行われる診療内容をひと通り覚えれば、ほかのクリニックでも働くことができるところも魅力のひとつです。さまざまな事情で引越しをすることになっても、歯科医院は全国各地にあるため、比較的転職しやすい職種といえるかもしれません。

中には、歯科助手になってから歯科衛生士という職業を知り、働きながら歯科衛生士学校に通う方もたくさんいます。

歯科助手としての誇りをもって働いている方や、キャリアアップのためにさまざまな資格にチャレンジする方、また歯科衛生士を目指す方など、さまざまな可能性にあふれる職業です!


5.歯科助手の給料

しっかりとした統計での数値はありませんが、おおよその目安として歯科助手の平均年収は250〜300万円といわれています。一般企業に勤める30代前半の女性の平均年収は315万円ですが、長く勤務することで昇給のチャンスが増えます。

また、歯科医院は全国各地に存在するため、引越し先でもすぐに歯科助手として勤務できることや、パートタイムでの勤務や週数回の勤務ができるため、女性には働きやすい環境ですね。


6.歯科助手の数と求人状況

全国の歯科助手の数は把握できていませんが、歯科医院の数は全国で69,000軒あり、歯科助手の求人もたえず掲載されています。これから先、歯科医院がなくなることはありませんし、今後も安定した収入と求人が見込めます。



7.歯科助手の働く場所は?

主に歯科医院で働きます。

歯科は専門用語が多く覚えるまでが大変ですから、一度歯科助手として働いた経験は、再就職やいざというときの転職の際に、とても重宝されます。

歯科助手として働いていた方の中には、歯科医院の事務長や歯科関連企業など、歯科医院勤務時の知識を活かせる職種に勤めている方もいます。


8.歯科助手のキャリアアップ

歯科助手は資格がなくてもはじめられるお仕事ですが、歯科助手が取得できる認定資格や歯科助手専門のスクールがあります。スキルアップや自信にもつながりますから、ぜひチェックしてみてください!
この記事を書いた人
dStyle編集部

dStyleは国内最大級の歯科医療従事者向け情報サイト『WHITE CROSS』の姉妹ブランドとしてスタート。メンバーは歯科医師・大手人材会社・歯科関連企業出身者で構成されており、“歯科と人材ビジネス”両方のプロフェッショナルが、転職にまつわる情報や、歯科業界ではたらく上で役立つ情報を発信していく。



×
北海道・東北
関東
中部
関西
中国
四国
九州・沖縄
時給
円以上
日給
円以上
月給
円以上
応募要件
待遇・福利厚生
勤務時間
休日・休暇