TAG

森寛子

  • 2021.10.7

歯科衛生士向けおすすめ論文 No.18「スケーリング後の補綴物にバイオフィルムはつきやすくなる?」

歯科衛生士のみなさんは、日頃どんな方法で勉強していますか? 歯科衛生士向けの月刊誌や本を読む、講演会やセミナー、学会に参加するなど、さまざまな方法があると思います。その中にはたくさんの「参考文献」が記載されているかと思います。 ところで、その「参考文献」について調べたことはありま […]

  • 2021.9.22

歯科医院のチーム力を高めよう!vol.3 チームや個人でOKRを設定する方法

みなさんが働く歯科医院には、どのような目標がありますか? 歯科医院の中には、毎日の売り上げや新患数、キャンセル率など、さまざまな情報を数値化して目標を立てるよう指示されている医院もあれば、とくにこれといった目標を立てることなく診療している医院もあるかもしれません。 一方で、目標を […]

  • 2021.9.8

歯科衛生士向けおすすめ論文 No.17「新型コロナウイルスにクロルヘキシジンやポピドンヨードの洗口は有効?」

歯科衛生士のみなさんは、日頃どんな方法で勉強していますか? 歯科衛生士向けの月刊誌や本を読む、講演会やセミナー、学会に参加するなど、さまざまな方法があると思います。その中にはたくさんの「参考文献」が記載されているかと思います。 ところで、その「参考文献」について調べたことはありま […]

  • 2021.8.17

歯科医院のチーム力を高めよう!vol.2 歯科でOKRを活用するには?

みなさんが働く歯科医院には、どのような目標がありますか? 歯科医院の中には、毎日の売り上げや新患数、キャンセル率など、さまざまな情報を数値化して目標を立てるよう指示されている医院もあれば、とくにこれといった目標を立てることなく診療している医院もあるかもしれません。 一方で、目標を […]

  • 2021.8.11

歯科衛生士向けおすすめ論文 No.16「ヨーロッパの歯周病専門医や歯科衛生士が推奨するOHIとは?」

歯科衛生士のみなさんは、日頃どんな方法で勉強していますか? 歯科衛生士向けの月刊誌や本を読む、講演会やセミナー、学会に参加するなど、さまざまな方法があると思います。その中にはたくさんの「参考文献」が記載されているかと思います。 ところで、その「参考文献」について調べたことはありま […]

  • 2021.7.19

歯科医院のチーム力を高めよう!vol.1 目標達成の方法『OKR』とは?

みなさんが働く歯科医院には、どのような目標がありますか? 歯科医院の中には、毎日の売り上げや新患数、キャンセル率など、さまざまな情報を数値化して目標を立てるよう指示されている医院もあれば、とくにこれといった目標を立てることなく診療している医院もあるかもしれません。 一方で、目標を […]

  • 2021.6.25

ママDHおすすめ!小児患者さん向け歯科絵本 #02『歯がぬけた』&『はがぬけたらどうするの?』

みなさんは、子ども向けの歯科絵本を読んだことがありますか? ブラッシングやう蝕、歯科治療についてなど、さまざまな種類の絵本が出版されています。 私自身、本屋さんの絵本コーナーに行ってみると、たくさんの歯科絵本があることに驚きました! この記事では、1児の母である歯科衛生士として、 […]

  • 2021.1.12

ママDHおすすめ!小児患者さん向け歯科絵本 #01『わにさんどきっ はいしゃさんどきっ』

みなさんは、子ども向けの歯科絵本を読んだことがありますか? ブラッシングやう蝕、歯科治療についてなど、さまざまな種類の絵本が出版されています。 私自身、本屋さんの絵本コーナーに行ってみると、たくさんの歯科絵本があることに驚きました! この記事では、1児の母である歯科衛生士として、 […]

  • 2020.9.4

歯科衛生士向けおすすめ論文 No.15「ゴムタイプの歯間ブラシは歯肉炎に効果がある?」

歯科衛生士のみなさんは、日頃どんな方法で勉強していますか? 歯科衛生士向けの月刊誌や本を読む、講演会やセミナー、学会に参加するなど、さまざまな方法があると思います。その中にはたくさんの「参考文献」が記載されているかと思います。 ところで、その「参考文献」について調べたことはありま […]

  • 2020.5.25

知っていますか?口腔機能発達不全! vol.4 〜歯列不正を防ぐ食習慣&トレーニング〜

歯科衛生士のみなさんは、小児患者さんの臨床にどれくらい関わっていますか? 矯正歯科や小児歯科に勤めている方は、毎日のように関わる機会がありますよね。 一方で、歯周治療やインプラントに特化した歯科医院などで働いていると、小児患者さんと関わる機会はあまり多くないかもしれません。しかし […]