新卒歯科衛生士の就職活動にまつわる疑問を解消!あなたにとっての「いい歯科医院」とは?

こんにちは、WHITE CROSS株式会社 人材事業部の永畑です。

歯科衛生士学校に通う学生のみなさん、いつから就職活動をはじめますか?

こちらの記事(歯科事務長に聞いた、成功する新卒歯科衛生士の就職活動の進め方)で「新卒歯科衛生士は就職活動をはじめる時期が遅い!」と指摘がありましたが、本当はみなさんも「早く就職先を決めたい!」というのがホンネだと思います。

では、早めに就職先を決めるには、どうすればいいのでしょうか?

前回の記事では、歯科衛生士のモテモテ事情や、就活に失敗しないための3つの「みよう」についてお伝えしました。
(前回の記事はこちら:新卒歯科衛生士の就職活動にまつわる疑問を解消!いつから、どうやってはじめる?

今回は「いい歯科医院」について考えてみたいと思います。

自分にとって「いい歯科医院」を想像する

「いい歯科医院」とは、どんな条件で働ける歯科医院のことを指すのでしょうか?

条件として、たとえば以下のようなものをよく耳にするのではないでしょうか。

  • 給与が良い
  • 勤務時間が短い
  • 自宅や駅から近い
  • スタッフ同士の仲が良い
  • 院長先生が優しい
  • 院長先生がイケメン
  • 休みが多い
  • 衛生面がしっかりしている
  • 歯科医院が新しくてキレイ
  • 福利厚生が充実している
  • 社会保険完備
  • 尊敬できる先輩スタッフがいる
  • 担当制

ほかにも、産休・育休がとれたり、スキルアップができる環境であったり、さまざまなことがあげられます。

しかし、自分にとっての「いい歯科医院」が、友達にとっても「いい歯科医院」であるとは限りません。

まずは、ワガママでもいいので、自分が求めたい条件を素直にあげてみてください

でてきた条件を仕分ける

次は、それを仕分けていきましょう。

自分が求めている理想の条件は、「待遇面」と「やりがい面」にわけることができます。

待遇面は、給与や歯科医院までの距離、社員数など、数字で測れるものが多いです。やりがい面は、仕事そのものが楽しいか、責任感のある仕事か、良好な人間関係か、などがあげられます。

一般的に、待遇面の不足はマイナスの要因になりやすく、やりがい面はプラスの要因になりやすいといわれています。
(参照:フレデリック・バーズバーグの動機付け理論

どちらが大切ということではなく、どちらもバランス良くあることが大切だと思います。

上の例でいくと、次のようにわけることができます。

待遇面
給与が良い
勤務時間が短い
自宅や駅から近い
休みが多い
歯科医院が新しくてキレイ
福利厚生が充実している
衛生面がしっかりしている
社会保険完備

やりがい面
スタッフ同士の仲が良い
院長先生が優しい
院長先生がイケメン
尊敬できる先輩スタッフがいる
担当制

仕分けた条件に優先順位をつける

最後は、仕分けた条件に優先順位をつけましょう。

それぞれの条件が自分にとってなぜ重要か、超えてはいけない最低のラインはどこか、ということも加えて整理できるとなお良いですね。

大分類 小分類 大切な理由 最低ライン 順位
待遇面 給与が良い 最低限は必要 家から通うので20万円くらい
勤務時間が短い 働きすぎると体調を壊す 最初は頑張りたいから
9〜20時くらい
7
自宅や駅から近い 当分は実家から通う 東京か神奈川 1
休みが多い 働きすぎると体調を壊す 週休2日あればOK 8
歯科医院が新しくてキレイ 新しい方が嬉しい 清潔であればOK
福利厚生が充実している あるに越したことはない 社保完備であればOK
衛生面がしっかりしている 清潔でない医療現場はNG 毎日の清掃、正しい感染対策 4
社会保険完備 最低限の保障はほしい 法定社会保険 3
やりがい面 スタッフ同士の仲が良い 楽しくないと続かない 挨拶と笑顔かな… 2
院長先生が優しい 先生の方針や考え方は大事 スタッフを大切にしている 5
院長先生がイケメン そりゃかっこいい方がいい 重要事項ではない
尊敬できる先輩スタッフがいる 近くに目標となる人がいると頑張れる 患者さんを大切にしている
患者さんやスタッフから頼られている
6
担当制 成長スピードが速い気がする 最初はそうでなくてもOK

条件の自己分析(例)

整理ができたら、優先順位ごとに並べてみます。そのときに、「条件としてどこまでそろっていればOKか」というラインも決めましょう。

そろう条件の数が多いほど、それにあてはまる歯科医院の数が少なくなります。とはいえ、条件の数を少なくすると、今度は自分の満足度が下がるでしょう。

自分の求める条件が決まったら、その条件で一度歯科医院を探してみてください!優先順位はあとで入れかえたり、並びかえたりしても問題ありません。むしろ自分で試行錯誤することが大切だと思います。

はじめての就職という貴重な機会なので、しっかりと自分で考えて動いて、納得して就職先を決めてほしいと思います!

さいごに

自分にとって重要な条件が、給与でも、プライベートの時間の確保でも、なんの問題もありません。

しかし、最初に就職した歯科医院の環境は、歯科衛生士として働く上で大きな基準になるため、最初の就職先が自分の歯科衛生士としての人生を決めるといっても過言ではないと思います。

そして、どんな条件を選んだとしても、自分自身が納得して職場を選んだ方が良い結果になりやすい、ということは共通しているのではないかと思います。

みなさんの就職活動がうまくいくことを心から願っていますし、もし迷うことがあればお気軽にLINEでご相談ください。

困ったときはLINEで相談!困ったときはLINEで相談!

新卒歯科衛生士の就活は臨床実習からはじまっている?!

臨床実習生としての良き振る舞い vol.1〜態度編〜
臨床実習生としての良き振る舞い vol.2〜技術編〜
臨床実習生としての良き振る舞い vol.3〜日誌編〜
新卒歯科衛生士の就職活動にまつわる疑問を解消!いつから、どうやってはじめる?
新卒歯科衛生士の就職活動にまつわる疑問を解消!あなたにとっての「いい歯科医院」とは?
新卒歯科衛生士の就職活動にまつわる疑問を解消!「歯科衛生士としてはたらく魅力」とは?