歯科のお仕事完全マニュアル 第10章 失われた歯を補う治療 STEP1 ブリッジ

う蝕歯周病が進行し、治療のほどこしようがない場合、歯を抜くことがあります。歯を抜くことを抜歯(ばっし)といい、抜歯にいたる原因はさまざまです。

第10章では、失われた歯を補う治療の種類と必要な器具、アシスタントワークについて解説します。

STEP1では、ブリッジの形成・印象を行う際に準備する器具や、治療の流れについて説明します。

第10章 失われた歯を補う治療 STEP1 ブリッジ

1.ブリッジの形成・印象

失った歯の前後の歯を支台歯形成し、印象をとる治療のことを、ブリッジ形成・印象といいます。

第10章 失われた歯を補う治療 STEP1 ブリッジ

治療時には必要に応じて、TeCのセットも同時に行います。

2.ブリッジの形成の準備

基本的に準備するもの

タービン + ポイント
コントラ + バー(カーボランダム・ホワイトポイントなど)

当日、印象をとる場合に準備するもの

表面麻酔 + 浸潤麻酔
ブリッジ形成用ミラー
ブリッジ形成用ミラー
パラフィンワックス
パラフィンワックス
シェードガイド
シェードガイド
技工指示書 + 技工物ノート
歯肉圧排(しにくあっぱい)セット

生活歯を形成する場合は、麻酔を行います。その場合、① 表面麻酔 + 浸潤麻酔が必要です。

シェードガイド前装冠などで色を決める必要がある場合、必要に応じて準備します。また、歯肉圧排(しにくあっぱい)セットは、シリコン印象材で印象をとる際などに使用します。

3.治療の流れとアシスタント

① 麻酔を行う

生活歯を形成する場合は、麻酔を行います。

  • 小綿球に表面麻酔を適量塗布しておく
  • 注射を組み立てておく
  • 注射中にもれた麻酔薬をバキュームで吸う(術者による)
麻酔の準備
麻酔の準備

② ブリッジを形成する

  • バキューム操作、ライトの調整
  • バーやポイントのセット、つけかえ

③ バイト、本印象、対合印象をとる

アシスタントは、技工指示書や技工物ノートへの記入を行い、印象用の名札を作っておきます。

技工指示書 記入例
技工指示書の記入例

④ TeCを作り仮着する

必要に応じてTeCを作り、仮着します。TeCの作製方法は「第9章 STEP10 TeCの作製」で詳しく説明しています。

⑤ 次回の予約をとる

セットのため、次回の予約をとります。また、生活歯形成の場合は、術後に鎮痛剤を処方することがあります。

***

実際に治療を行う歯科医師だけでなく、コンサルティングに携わる歯科衛生士や歯科助手のみなさんにとっても、ブリッジの治療について患者さんに説明する機会が多くありますよね。

姉妹サイト『WHITE CROSS』では、ブリッジに使える材料について、患者さんへ説明するツールを無料でご用意しています。

WHITE CROSSお役立ちツールへ
WHITE CROSSお役立ちツールへ

日々の診療ツールとして、ぜひ役立ててくださいね♪

第10章 失われた歯を補う治療

STEP1 ブリッジ
STEP2 義歯の概形印象
STEP3 精密印象
STEP4 バイト
STEP5 試適
STEP6 セットと義歯調整
STEP7 粘膜調整
STEP8 リベース
STEP9 義歯修理