歯科のお仕事完全マニュアル 第3章 患者さんの情報 STEP5 う蝕と歯式

それぞれの歯について、以下の情報を書いたものを歯式(ししき)といいます。

  • 過去にどのような治療がされているか
  • 現在、どの程度のう蝕にかかっているか

歯科のお仕事完全マニュアル 第3章 患者さんの情報 STEP5 う蝕と歯式

歯式について理解するには、まずう蝕について理解する必要があります。

健全な口腔(上)と多数のう蝕がみられる口腔(下)
健全な口腔(上)と多数のう蝕がみられる口腔(下)

1.う蝕の状態の分類

人は食事をとると口の中が酸性になり、歯の表面のエナメル質が溶け出します。溶け出したエナメル質は、唾液の力によって元にもどります。この現象を再石灰化(さいせっかいか)といいます。

このバランスが崩れ、溶け出したエナメル質の量が、再石灰化するエナメル質の量より多い状態が続くと、う蝕になります。

また、う蝕はCO、C1〜C4に分類され、それぞれに必要な治療が異なります。

健全(けんぜん)

むし歯がない健康な状態。この状態の歯を、健全歯(けんぜんし)といいます。

健全(けんぜん)

CO(シーオー)

う蝕になる可能性があり、経過観察が必要な状態。歯の表面が白濁(はくだく)しており、う蝕になる一歩手前の状態です。

CO(シーオー)

C1(シーワン)

う蝕がエナメル質まで進んでいる状態。C1の場合は、それ以上う蝕が進まないこともあります。

C1(シーワン)

C2(シーツー)

むし歯が象牙質まで進んでいる状態。患者さんが痛みを訴えはじめますが、痛みを感じない場合もあります。う蝕部分を削り、できた穴を埋める治療が必要となります。

C2(シーツー)

C3(シースリー)

う蝕が歯の神経(歯髄)まで進んでいる状態。患者さんは強い痛みを訴えることが多くなります。歯の神経を抜く治療が必要となり、C3では、pul(プル)per(ペル)のふたつに分けられます。

C3:pul

歯の神経がむし歯で汚染されている状態をpul(プル)といいます。歯の神経はまだ生きており、C3 pulまでの神経が生きている歯を、生活歯(せいかつし)といいます。

C3:プル

C3:per

歯髄がう蝕病原菌の感染によって死んでしまい、細菌が歯根の先から歯槽骨にまで到達し、病気をつくることがあります。その状態をper(ペル)といいます。

perの場合、歯髄は死んでいることが多く、そういった歯を失活歯(しっかつし)といいます。

C3:ペル

C4(シーフォー)

歯が原型をとどめないまでに破壊されている状態。歯を抜く治療(抜歯)が必要になることがほとんどです。

C4(シーフォー)

2.その他のう蝕の表現

つづいて、CO〜C4というう蝕状態の分類以外で、よく耳にする表現について説明します。

根面う蝕(こんめんうしょく)

歯肉が下がってしまった歯において、露出した歯根がう蝕になることがあります。このようなう蝕を、根面う蝕といいます。

① 根面う蝕(こんめんうしょく)

二次カリエス

昔治療した修復物(つめ物)や、補綴物(かぶせ物)の端や下から、再びう蝕になることがあります。このようなう蝕を二次カリエス、または二次う蝕といいます。

② 二次カリエス

3.アシスタントとの関わり

歯科医院では、初診や再初診の患者さんにおいて、それぞれの歯の情報を得ることを、「歯式をとる」「カリエスチェックをする」などといいます。

アシストをする場合は、術者の言葉通りに、カルテの1号用紙の所定の場所に各歯の状態を記入していきます。なお、アシスタントが歯式を記入した場合は、歯科医師の確認サインが必要となります。

歯式を記入する箇所
歯式を記入する箇所

4.カリエスチェックの基本的な記載方式

歯式の記入例
歯式の記入例
  • 左上5番は、MOD(近心、咬合面、遠心にまたがる)インレー
  • 欠損している部位には×
  • C2〜C4など、各歯の状態を丁寧に記載

次回は「歯周病と歯周組織検査(ししゅうそしきけんさ)」について解説します。

第3章 患者さんの情報

STEP1 診療とカルテ
STEP2 紹介と対診
STEP3 治療に必要な情報
STEP4 口腔内写真5枚法の撮影
STEP5 う蝕と歯式
STEP6 歯周病と歯周組織検査
STEP7 X線写真(デンタルの撮影)
STEP8 X線写真(パノラマとCT)と口腔内模型