歯並びコーディネーターってどんな資格?

日本の歯科業界にはたくさんの資格制度が存在し、その代表格が歯科医師免許・歯科衛生士免許・歯科技工士免許です。

これらの資格は「国家資格」といって、国で認められている認定制度です。しかしその他にも、「協会認定資格」「学会認定資格」など、自身のスキルアップのための資格がたくさん制定されています。

今回はたくさんある資格のうち、特に歯科衛生士・歯科助手向けの資格「歯並びコーディネーター」について、徹底解説しますよ!

[目次]
1.歯並びコーディネーターとは?
2.歯並びコーディネーターの業務
3.認定資格の申請に必要な条件
4.資格のとりかた・費用について
5.歯並びコーディネーターの働き方(coming soon)

1.歯並びコーディネーターとは?

特定非営利活動法人 日本成人矯正歯科学会が認定している「学会認定制度」で、全国に1,400人もいる、人気のある資格です。

歯並びコーディネーターは、患者さんをはじめ、一般の方に矯正歯科を正しく理解してもらい、さらに、身近な相談相手としてアドバイスできる人材を育成するために制定されました。

2.歯並びコーディネーターの業務

矯正治療をする際には、事前に患者さんにきちんと“説明”して、納得していただかなければなりません。

歯並びコーディネーターはその“説明”のプロのことを指します。

別の言い方をすると、歯科医師の先生と患者さんのあいだに立って、お互いが納得できるように説明をする架け橋のような役割をします。

一般的な治療と比べて長期的なお付き合いとなる矯正治療では、正しい知識をお伝えできる歯並びコーディネーターが、とても重要な役割を担っているといえるでしょう。

歯並びコーディネーターの業務

3.資格取得者に求められること

この認定制度は、日本成人矯正歯科学会の会員だけでなく非会員の方も対象としています。

また、歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士や、特別な資格を持っていない歯科助手、受付などのコデンタルスタッフも歯並びコーディネーターの資格を取得できます。

患者さんの健康を願う意欲だけで十分なのです。申し込みまで滞りなく行いましょう。

4.資格のとりかた・費用について

研修会費は15,000円。ここに審査料と昼食代も含まれています。

筆記試験に合格したら、認定登録を行います。登録料は6,000円(2019年12月現在)。なお、日本成人矯正歯科学会会員および準会員の場合は登録料が免除されます。

書類審査

認定試験の申し込みは、FAXまたは学会公式HPに掲載されている「申し込みフォーム」より行います。

定員は200名。研修会は例年9月に行われていますので、受験を希望する方は学会の公式サイトをチェックしてみてくださいね。FAXの申し込み用紙も、こちらのサイトに掲載されています。

2019年の詳細はこちら

認定試験

試験は1日で行われます。認定手順は以下の通りです。

  1. 研修会:歯科治療で改善できる歯並び、歯並びの基礎などを、講演形式にて研修
  2. 認定審査:研修内容から、4肢択一式テストを実施
  3. 認定登録:合格者に登録後、認定証と認定バッジを送付

まずは日本成人矯正歯科学会主催の研修会にて約5時間の講演を受講します。

講師は学会所属の名だたる先生方。歯科治療で改善できる歯並び、歯並びの基礎、歯並びと顔貌との関係、矯正歯科治療について、カウンセリング、Q&Aといった内容を受講します。

講演の後、約50分間の4肢択一式テストを受けて、合格すれば認定登録をすることができます。テスト内容は、① 研修会で習った範囲から出題されます。

こんな本も販売されていますよ!

日本成人矯正歯科学会(2015)『やさしくわかる矯正歯科治療 歯並びコーディネーター入門書』医歯薬出版
『やさしくわかる矯正歯科治療 歯並びコーディネーター入門書』へ

研修会申込・費用の詳細はこちら

資格の更新について

歯並びコーディネーターの認定期間は5年間

更新に必要な書類を委員会に提出します。更新手数料は6,000円。なお、日本成人矯正歯科学会会員の場合は3,000円です。

更新に必要な書類はこちら

***

いかがでしたか?

歯科衛生士だけでなく歯科助手や受付のみなさんにとっても、患者さんとの架け橋となれる資格は、自信にもつながるのではないでしょうか。

まずはセミナーや講習会を受けたり、受講生の声を直に聞いてみるのもいいかもしれませんね。

応援しています!