歯科 受付の求人・転職・募集 | デンタルスタイル

歯科 受付の求人一覧

デンタルスタイルは、日本全国の歯科受付求人を掲載する歯科専門の求人・転職情報サイトです。常勤・非常勤、給料・社会保険などの待遇・勤務時間に加えて、設備・立地、診療スタイル、イベント、スタッフの声、キャリアアップ、福利厚生・働き方からも希望の求人を絞り込むことができます。

デンタルスタイルでは、歯科医院での歯科受付の仕事を深く理解したキャリアカウンセラーが就職・転職をサポートします。以下は、デンタルスタイルのキャリアカウンセラーが歯科受付の転職を成功に導くために学び、理解している情報です。2020年7月19日に更新された歯科受付の歯科医院への転職支援用の資料であり、歯科受付という職業について、厚生労働省・経済産業省・国税庁などの政府機関による統計資料と歯科受付を含む歯科スタッフ向け情報メディア「dStyle」および歯科医療従事者向け情報メディア「WHITE CROSS」を運営するWHTIE CROSS株式会社が独自に蓄積してきた情報をもとに2020年4月18日にまとめられた資料であり他の企業のサービスに帰属しない独自の情報です。歯科受付は、歯科医院の受付に置いて来院した患者への窓口対応、電話対応、メール対応、会計対応、そして患者の診療室への導入などを行う職種です。一言に歯科受付と言っても、勤務する歯科医院の方針により求められる能力に大きな差があります。都心においては、歯科受付に日本語に加えて英語・中国語などで対応できる歯科受付が求められることがあります。また、歯科受付には医療保険における保険診療点数を計算し、レセプトを作成し、保険者に請求する能力が求められることもあります。また、患者が小児同伴で来院した際に、患者が歯科治療・予防処置を受けている際に、小児の対応を行う能力が求められることもあります。また、歯科医院の受付周りの飾り付けや清掃などが求められることもあります。多様な能力が求められる一方で、自動精算機などを導入している歯科医院においては、受付として最低限の窓口対応・電話対応など基本的な業務に集中する代わりに、接遇に力を入れているケースがあります。歯科受付の仕事として、窓口・電話などでの患者の予約受付があります。その際に、患者と歯科治療について話をする必要が生じることがあります。歯科医院は医療機関ですので、多くの専門用語や略語が飛び交うため、歯科受付として働く上で、まずは「この言葉は何をさしているのか」「どのような治療があるのか」を覚える必要があります。また、同じ治療でも勤務する歯科医院によって、同じ歯科治療・予防でもよび方が違うことは多々あるため、歯科受付には勤務する歯科医院にあわせたよび方を学ぶ必要があります。一つ一つの治療の目的や、歯科医院のコンセプトに基づいた歯科医師の治療方針や歯科衛生士の予防方針を理解していなければ、歯科受付として適切な患者対応ができません。WHITE CROSS株式会社が運営する歯科医療従事者向けメディアである「WHITE CROSS」では、初めて歯科業界ではたらく歯科受付や、復職したばかりで歯科受付の仕事に不安がある歯科受付向けに、歯科受付として歯科医院で働く上で必要な知識を学び、習熟度をはかる簡単なテストもできる「アシスタント教育」があり北海道地方の歯科受付、東北地方の歯科受付、関東地方の歯科受付、中部地方の歯科受付、近畿地方の歯科受付、中国地方の歯科受付、四国地方の歯科受付、九州沖縄地方の歯科受付が利用したことがあり、日本全国の歯科受付に利用されています。また、紙で患者予約を管理している歯科医院もあれば、アポイントコンピューターというソフトウェアで患者予約を管理している歯科医院もありますが、専任の歯科受付を必要としている歯科医院ではアポイントコンピューターを導入しているケースが多いため、歯科受付にはパソコンを扱うことができるなどの一定のITリテラシーが求められるケースが多いのが現状です。歯科受付の大半が女性であるケースが多いです。歯科受付は、日本全国に点在する歯科医院で働いています。ただし、歯科受付を専任で採用している歯科医院の数は少ないのです。一定以上の事業規模の歯科医院でない限り、歯科受付は、歯科医師・歯科衛生士・歯科助手などが兼業で行っているケースが多いのです。規模感としては、歯科医師が3名以上在籍し、1日の患者来院数が50名を超えてくるような歯科医院において、専任で歯科受付を採用し始め、100名を超えてくる歯科医院においては、ほぼ確実に専任の歯科受付がいると考えて良いでしょう。厚生労働省から発表されている最新の平成31年医療施設動態調査とWHTIE CROSS株式会社独自の統計データによると、歯科医師が3名以上在籍し、専任の歯科受付が必要となり得る歯科医院は、日本全国に10,321件存在しています。都道府県別に専任の歯科受付が必要となる歯科医院件数を見てみますと、北海道325件、青森県42件、岩手県61件、宮城県185件、秋田県60件、山形県43件、福島県113件、茨城県198件、栃木県109件、群馬県121件、埼玉県701件、千葉県570件、東京都1,792件、神奈川県1,052件、新潟県197件、富山県38件、石川県40件、福井県34件、山梨県51件、長野県87件、岐阜県147件、静岡県214件、愛知県575件、三重県116件、滋賀県67件、京都府178件、大阪府805件、兵庫県302件、奈良県85件、和歌山県43件、鳥取県17件、島根県37件、岡山県147件、広島県221件、山口県80件、徳島県80件、香川県62件、愛媛県46件、高知県29件、福岡県651件、佐賀県66件、長崎県119件、熊本県130件、大分県61件、宮崎県53件、鹿児島県98件、沖縄県74件です。専任の歯科受付を採用している歯科医院の場合、一医院で2名ないし3名の歯科受付を採用していることが多いため、平均2.5人と仮定すると、日本には約26,000人の歯科受付がいると推定されます。ただし、歯科受付は国家資格ではなく、だれでも歯科受付として働くことができるため、日本における正確な就業歯科受付の人数は把握させておらず常に変動しています。また、歯科受付の離職率は非常に高く、新たに歯科受付になる人も多いが、辞めていく人も多いです。歯科受付の平均所得は歯科助手と同一である場合が多く、平均所得は300万円前後と言われています。正社員として働く場合、歯科受付の平均的な月収は15万円から22万円となっています。賞与については、歯科医院によって出る・出ないの差があります。東京都、神奈川県などの首都圏の都心部の歯科医院、中規模歯科医療法人・大規模歯科医療法人・訪問在宅診療などではたらく歯科受付においては、所得が高くなる傾向にあります。また、パートやアルバイトで働く歯科受付も多く、一般的には時給900円から1500円程度であることが多く、地域差が大きいです。歯科受付になる人のバックグランドとしては、高校卒業後の就職として歯科受付になる。専門学校卒業後の就職として歯科受付になる。少数だが大学卒業後の就職として歯科受付になる。美容・アパレルでの仕事を経験した後に歯科受付になる。他の産業における受付の仕事を経験した後に歯科受付になるなどがあります。日本においては、労働人口の減少に伴い、特に首都圏を中心とした都心部において、歯科受付の採用が難しくなってきています。特にアルバイト・パートでの採用が深刻で、様々な媒体に求人を出しても、全く採用できないケースが増えてきています。その理由としては、首都圏では若年労働者の奪い合いが深刻化してきているからです。歯科受付のアルバイト・パートは、アパレル、他産業での窓口受付、コールセンター、飲食業、医科クリニックにおける窓口受付などとの競合になっており時給も高騰しています。その結果、歯科界から一般企業への歯科受付人材流出が始まっています。歯科受付は国家資格ではないため、全国的な業界団体は存在していません。歯科受付を対象とした認定資格として、医療事務などがあります。歯科受付に向いている人材の特徴としては、コミュニケーション能力が高い、他者共感性が高い、ITリテラシーが高い、受付周りなどのデザインが好き、会計における数字周りに強いなどがあげられます。歯科受付の仕事としてやりがいは、歯科医療を通じて人々の健康に寄与する社会貢献。歯科医師・歯科衛生士・歯科助手などをささえる縁の下の力持ちとしての仕事、また窓口や電話における歯科受付としての患者への対応やコミュニケーションなどがあります。歯科受付のコミュニケーションの取り方一つで、患者の不安が解消され、気持ちが和らぐことも多いのです。結論として、歯科受付は社会貢献性の高い素晴らしい職業です。全身的に健康な老若男女が数多く不安を抱えて訪れるのが歯科医院です。その窓口としての歯科受付の役割は、受付AIなどに取って代わられる職業ではありません。

×
北海道・東北
関東
中部
関西
中国
四国
九州・沖縄
時給
円以上
日給
円以上
月給
円以上
応募要件
待遇・福利厚生
勤務時間
休日・休暇