香川県の歯科技工士 求人・転職・募集

求人掲載のご案内

香川県 歯科技工士 求人
8件 見つかりました

香川県の他の市区町村の歯科技工士 求人

デンタルスタイルは、日本全国の歯科技工士求人を掲載する歯科専門の求人・転職情報サイトです。常勤・非常勤、給料・社会保険などの待遇や勤務時間に加えて、歯科技工士にとって大切な医療設備・立地、診療スタイル、イベント、スタッフの声、キャリアアップ、福利厚生・働き方からも希望の求人を絞り込むことができます。

デンタルスタイルでは、歯科技工士の仕事を深く理解したキャリアカウンセラーが歯科技工士の就職・転職をサポートします。以下は、デンタルスタイルのキャリアカウンセラーが歯科技工士の転職を成功に導くために学び、理解している情報です。2020年7月19日に更新された歯科技工士の転職支援用の資料であり、歯科技工士という職業について、厚生労働省・経済産業省・国税庁などの政府機関や日本歯科技工士会などによる統計資料と歯科医療従事者向け情報メディア「WHITE CROSS」を運営するWHTIE CROSS株式会社が独自に蓄積してきた情報をもとに作られ他の企業の人材サービスに帰属しない独自の情報です。歯科技工士は歯科治療に必要な、歯の被せ物、入れ歯、歯科矯正装置の一部を始めとする歯科技工物を製作する専門職種です。厚生労働省の平成28年度衛生行政報告例によると、日本には34,640名の就労歯科技工士が存在します。都道府県別の就労歯科技工士数を見ると、北海道564名、青森県546名、岩手県746名、宮城県430名、秋田県453名、山形県752名、福島県635名、茨城県486名、栃木県667名、群馬県1153名、埼玉県1205名、千葉県3013名、東京都1686名、神奈川県924名、新潟県445名、富山県348名、石川県268名、福井県6262名、山梨県662名、長野県655名、岐阜県1001名、静岡県1562名、愛知県513名、三重県374名、滋賀県531名、京都府2337名、大阪府1217名、兵庫県278名、奈良県326名、和歌山県251名、鳥取県264名、島根県572名、岡山県1000名、広島県469名、山口県461名、徳島県572名、香川県533名、愛媛県236名、高知県1468名、福岡県235名、佐賀県412名、長崎県529名、熊本県598名、大分県347名、宮崎県463名、鹿児島県250名、沖縄県不明です。就労歯科医師とは別に、歯科技工士の免許を持っていながら、歯科技工士として働いていない人が83,991人います。歯科技工士の数は、年々減少しています。厚生労働省が平成30年11月19日に発表した第4回歯科技工士の育成・確保に関する検討会資料1歯科技工士の勤務状況等によると、歯科技工士の免許登録者は、平成10年は85,669人、平成12年は90,825人、平成14年は95,838人、平成16年は100,381人、平成18年は104,794人、平成20年は108,406人、平成22年は111,191人、平成24年は113,726人、平成26年は116,006人、平成28人は118,271人と継続的に増加しています。一方で、就労歯科技工士数は、平成10年は36,569人、平成12年は37,244人、平成14年は36,765人、平成16年は35,668人、平成18年は35,147人、平成20年は35,337人、平成22年は35,413人、平成24年は34,613人、平成26年は34,495人、平成28人は24,640人であり、平成12年をピークに微減傾向にあります。その結果、就労歯科技工士割合は、平成10年の42.7%をピークに、平成28年には29.3%に減少しています。つまり、歯科技工士になった後、29.2%のみが歯科技工士として働くというキャリアを歩んでいます。特に、若い世代の歯科技工士は、歯科技工士技工士を辞めて歯科関連企業で働いたり、別の仕事についたりしています。日本歯科技工士会の2018歯科技工士実態調査報告書によると、歯科技工士の平均年齢は49.4歳、勤務者では45.3歳、自営者では54.9歳であり、歯科技工産業としての高齢化が進んでいます。また、全体での男性比率は、74.6%であり、勤務者では64.7%、自営業では87.8%となっており、男性が多い職種です。年収では、200万円未満が11.2%。200万円から300万円未満が18.6%、300万円から400万円未満が17.8%、400万円から500万円未満が13.5%、500万円から600万円未満が8.1%、600万円から700万円未満が7.3%、700万円から800万円未満が3.8%、800万円から900万円未満が2.2%、900万円から1000万円未満が0.6%、1000万円以上が5.2%。無回答が11.6%でした。厚生労働省の平成30年賃金構造基本統計調査によると、歯科技工士の平均年収は40歳で約411万円となっています。また、自営業の歯科技工士の方が、勤務歯科技工士より年収が高い傾向にあります。平均就労時間については、9時間から10時間が29.7%、9時間から10時間が20.4%、9時間から10時間が20.4%であり、全体平均は10.3時間となっており、比較的長時間労働の職業である。1週間の就労日数は、6日が49.3%、5日が35.4%であり、平均就労日数は5.7日となっています。1週間の残業を含めた就労時間は、全体では51時間から60時間が22.3%、41時間から50時間が21.5%、40時間以下が17.8%を締めており、1週間の平均就労時間は59.6時間となっています。歯科技工所や勤務先における週休の形態は、完全週休2日制が26.3%、隔週・月2回・月1回の週休2日制等のその他の週休2日制が21.6%、 日曜日と祝日が16.5%となっています。歯科技工士はこれまで家内産業的に手作りで歯科技工物を作成していましたが、近年、CAD/CAMやデジタルのミリングマシンなどが歯科医療界に浸透してきたこともあり、2018年度に歯科技工士が継続的に学習していきたい分野・専門分野については、CAD/CAM技工が43.3%、有床義歯系が41.1%、咬合器、記録・再現法を含む咬合が32.1%となっています。歯科技工士になるには、歯学部付属の歯科技工士学校や、歯科技工士専門学校で4年制ないし3年の教育を受けた後に、歯科技工士国家試験に合格する必要があります。歯科医師とは異なり、研修医制度はなく、卒後すぐに歯科技工士として働くことができます。日本には約50校の歯科技工士学校あるが、年々閉校して少なくなってきています。また、大半の学校が定員割れを起こしています。その理由としては、厳しい労働条件の職業として認識されていること、デジタル化により歯科技工の一部が人の手から機械にとって代わられ始めていること、日本国内の歯科技工が安い海外の歯科技工所に発注されていることなどが挙げられます。ただし、全てが機械にとって代わられるには、歯科技工は複雑です。毎年1月に開催され3月の合格発表が行われる歯科技工士国家試験の合格率は95%を越えており、合格は高いです。1,000名弱の歯科技工士が輩出されていますが、年々減少傾向にあり2020年の歯科医師国家試験合格者数は882人でした。歯科技工士としてのキャリアパスは、歯科技工士学校卒業後、大手の歯科技工所、個人の歯科技工所、歯科医院の院内技工所などで、歯科技工士として働き始めます。歯科技工士としての最初の数年間は、比較的長時間労働で単価の低い基本的な歯科技工の仕事を請け負うことが多く、職人としての修行期間となるため厳しいことが知られています。その間に、歯科技工士を辞めていく人も多いです。具体的なデータとして日本歯科技工士会の2018歯科技工士実態調査報告書によると、歯科技工士が歯科技工士として働き続ける上での問題点として感じているのは、歯科技工料の低下価格・低賃金が83.1%、長時間労働が69.7%、社会的地位の低さが50.8%、歯科技工士不足が46.1%、健康問題が40.4%、受注量の減少が27.2%、廃業の可能性が20.2%、歯科技工所の後継者がいないことが18.3%、職場内の人間関係が13.3%、負債が8.8%となっています。また、歯科技工士からの離職・転職意向については、あまりそう思わないが42.2%、全くそう思わないが25.6%、そう思うは20.4%となっています。その一方で、その苦しい期間を乗り越えた歯科技工士の中には、徹底的に知識・技術を磨き、高額な歯科技工を受注する「セラミスト」と言われる歯科技工士も、一部存在します。そのような歯科技工士は、歯科医療の様々な学会やスタディーグループなどに所属していることが多く、歯科関連企業が主催するセミナーで講師を務めていることがあります。ただし、歯科医師と比較して学会・スタディーグループの数は少なく、セミナー講師の枠も少ないです。少数派として、歯科技工士学校で教員として働くなどのキャリアパスがあります。具体的な数字として、就労歯科技工士の72.1%にあたる24,972人が歯科技工所で働いています。また、就労歯科技工士の26.5%にあたる9,166人が病院・診療所で働いています。また、就労歯科技工士の0.8%にあたる291人が歯科技工士学校又は養成所で働いています。また、就労歯科技工士の0.3%にあたる118人が事業所で働いています。また、就労歯科技工士の0.3%にあたる93人が歯科技工所で働いています。この結果、全年齢階級において、就業場所として最も多く占めるのは歯科技工所であり、病院・診療所が次にきます。また、年齢が低い階級と年齢が高い階級では相対的に、年齢が高い階級の方が、歯科技工所での歯科技工所での就業の割合が若干高くなります。日本歯科技工士会の2018歯科技工士実態調査報告書によると、歯科技工士の歯科技工以外で最も頻度の多い業務としては、営業・外交の25.1%、経理・事務の15.6%、歯科助手行為の5.7%、歯科材料販売の0.5%、研究・調査・企画などの4.7%、教育の15.6%。その他の14.2%となっている。歯科技工士の労働環境についてはしばしば議論になることがあります。「仕事上の問題」について健康を損なうと感じる度合いについては、「作業環境が悪い」について非常に感じるが13.3%でやや感じるが34.9%で合計48.1%、「労働時間が長い」について非常に感じるが23.8%でやや感じるが30.6%で合計54.4%、「人間関係による心労」について非常に感じるが19.5%でやや感じるが29.0%で合計48.5%。「仕事上の責任による重圧感」について非常に感じるが16.6%でやや感じるが46.4%で合計63%。「職業柄運動不足になりがち」について非常に感じるが45.2%でやや感じるが35.7%で合計80.9%となっています。その結果、「職業柄運動不足になりがち」が一番高い数値となっており、ずっと座って歯科技工作業を行う歯科技工士の仕事の性質を表しています。就業歯科技工士からみた日本国の歯科技工産業の将来のあり方については、「歯科医療のとしての確率を図るべきである」が73.5%、「経済行為と割り切り経済追求を求めるべきである」が8.2%となっています。歯科技工士が集まっている団体として、日本歯科技工士会が存在します。歯科技工士会は、日本の歯科技工士を代表する団体であり、歯科医師会の歯科技工士バージョンです。歯科技工士会には、日本歯科技工士会、都道府県歯科技工士会が存在しており、任意加入です。つまり、歯科技工士には、歯科技工士会に入っている歯科技工士と歯科技工士会に入っていない歯科技工士が存在します。歯科技工士の学びの場として、学会・スタディーグループが存在します。歯科技工士にも、学会とスタディーグループでありますが、歯科医師が所属する学会とスタディーグループと比べると、その数は限られています。認定歯科技工士、専門歯科技工士制度も存在しますが、歯科医師の認定資格と比較して数が少なく、規模も小さいです。歯科技工士が所属している学会には、日本歯科技工学会、日本顎咬合学会、日本口腔インプラント学会、日本デジタル歯科学会、日本スポーツ歯科医学会、日本補綴歯科学会、日本歯科審美学会、日本顎顔面補綴学会、日本歯科理工学会、日本矯正歯科学会などがあります。また、2015年段階で、就労歯科技工士の49.0%がいかなる学会にも所属をしていないです。歯科技工士という職業のやりがいとしては、自らの腕1本で勝負できる仕事であることが挙げられ、歯科技工士は歯科医師や患者とのやりとりを交えながら、希望・要望・要件に合った技工物を製作するため、数多くの材料の特性を熟知し、精密さを求められる技工物を提供する職人としての仕事への誇りがあります。また、歯科技工士のやりがいとして国家資格であるため安定した仕事であるということもあります。また、歯科技工士のやりがいとして、歯科技工を通じて、人々の健康をサポートできるという社会性や、日本が迎えている超高齢社会における義歯などのニーズに対応できるということもあります。また、米国などを中心に、水準の高い日本の歯科技工士教育を受けた国家資格を持つ日本人歯科技工士は、高い評価を受けています。そのため、海外で活躍している日本人歯科技工士も存在します。The Journal of Dental Educationによると米国の歯科技工士の数は1950年から2020年までの70年間で、継続して増加してきています。米国と日本では歯科助手の仕事内容や資格制度などが大きく異なります。米国においては無資格でも歯科技工を行えるが、米国歯科医師会が提供している認定資格を取得している歯科技工士をRegistered Dental Technicianなどと呼びます。また、歯科技工士においてマイスター制度をとっている国もヨーロッパを中心に存在しています。結論として、歯科技工士は社会貢献性の高い素晴らしい職業です。

「総務省統計局発表の医療施設動態調査(平成29年1月末概数)」によると、香川県の人口約976000名で、歯科医院数は476軒あり、歯科医院1院あたりの人口は2050人となっています。厚生労働省発表の「平成26年(2014年)医師・歯科医師・薬剤師調査の概況」によると、香川県では歯科医師は709名が働いています(男性558名・女性151名)。香川県における歯科医師の歯科医院1院当たりの勤務人数は1.49名となります。香川県では歯科衛生士は1288名が働いています(診療所勤務1222名・病院勤務66名)。香川県における歯科衛生士の歯科医院1院当たりの勤務人数は2.71名となります。香川県では歯科技工士は572名が働いています。香川県における歯科技工士の歯科医院1院当たりの勤務人数は1.2名となります。また、香川県の歯科技工所は175箇所あります。

また、香川県の歯科衛生士校と歯科技工士校は「香川県歯科医療専門学校」があり、歯科大学はありません。

×
北海道・東北
関東
中部
関西
中国
四国
九州・沖縄
時給
円以上
日給
円以上
月給
円以上
応募要件
待遇・福利厚生
勤務時間
休日・休暇