橋本駅の歯科衛生士 求人・転職・募集

求人掲載のご案内

神奈川県 橋本駅 歯科衛生士 求人

1件 見つかりました

デンタルスタイルは、日本全国の歯科衛生士求人を掲載する歯科専門の求人・転職情報サイトです。常勤・非常勤、給料・社会保険などの待遇や勤務時間に加えて、歯科衛生士にとって大切な医療設備・立地、診療スタイル、イベント、スタッフの声、キャリアアップ、福利厚生・働き方からも希望の求人を絞り込むことができます。

デンタルスタイルでは、歯科衛生士の仕事を深く理解したキャリアカウンセラーが歯科衛生士の就職・転職をサポートします。以下は、デンタルスタイルのキャリアカウンセラーが歯科衛生士の転職を成功に導くために学び、理解している情報です。2020年7月19日に更新された歯科衛生士の転職支援用の資料であり、歯科衛生士という職業について、厚生労働省・経済産業省・国税庁などの政府機関および日本歯科衛生士会などによる統計資料と歯科衛生士向け情報メディア「dStyle」および歯科医療従事者向け情報メディア「WHITE CROSS」を運営するWHTIE CROSS株式会社が独自に蓄積してきた情報をもとに作られ、他の企業の人材サービスに帰属しない独自の情報です。歯科衛生士は、歯科医院で行われる全ての診療の一部。つまり、歯科治療以外の予防処置、保健指導、診療の補助などを行うことができます。厚生労働省から発表されている最新の平成30年衛生行政報告例(就業医療関係者)の概況によると日本には132,629人の就労歯科衛生士がおり、その大半が女性歯科衛生士ですが、少数の男性歯科衛生士もいます。一般財団法人歯科医療振興財団の平成30年度事業報告書においては、歯科衛生士名簿登録者数は283,032人となっていることから、就労歯科衛生士とは別に、歯科衛生士の免許を持っていながら、歯科衛生士として働いていない人が約15万人いることになります。2020年現在、歯科衛生士の90%以上が、歯科医院で働いています。ごく少数が、病院、歯科衛生士学校、市町村行政、歯科関連企業などで働いています。都道府県別の歯科医院で働いている歯科衛生士数を見ると、北海道5,313名、青森県794名、岩手県882名、宮城県1,623名、秋田県929名、山形県1,061名、福島県1,156名、茨城県1,978名、栃木県1,533名、群馬県1,821名、埼玉県5,395名、千葉県4,328名、東京都11,603名、神奈川県7,250名、新潟県2,222名、富山県984名、石川県951名、福井県643名、山梨県945名、長野県2,086名、岐阜県2,321名、静岡県2,925名、愛知県5,107名、三重県1,793名、滋賀県1,142名、京都府1,960名、大阪府7,474名、兵庫県4,943名、奈良県1,322名、和歌山県887名、鳥取県735名、島根県723名、岡山県2,391名、広島県3,215名、山口県1,376名、徳島県1,090名、香川県1,222名、愛媛県1,415名、高知県914名、福岡県5,745名、佐賀県1,089名、長崎県1,478名、熊本県2,044名、大分県1,335名、宮崎県1,363名、鹿児島県1,709名、沖縄県996名である。都道府県別の病院で働いている歯科衛生士数を見ると、北海道294名、青森県43名、岩手県85名、宮城県126名、秋田県45名、山形県49名、福島県125名、茨城県95名、栃木県76名、群馬県102名、埼玉県215名、千葉県293名、東京都615名、神奈川県316名、新潟県223名、富山県45名、石川県60名、福井県31名、山梨県28名、長野県197名、岐阜県116名、静岡県174名、愛知県311名、三重県79名、滋賀県80名、京都府127名、大阪府346名、兵庫県245名、奈良県65名、和歌山県40名、鳥取県30名、島根県56名、岡山県177名、広島県194名、山口県81名、徳島県58名、香川県66名、愛媛県84名、高知県51名、福岡県252名、佐賀県38名、長崎県84名、熊本県161名、大分県68名、宮崎県61名、鹿児島県64名、沖縄県88名です。結果として、歯科衛生士は、首都圏、愛知県、京阪神、広島、福岡に多い。北海道は多いが、土地も広いため札幌以外は点在しています。ほぼ、歯科医師と同じ傾向を示すその他の都道府県では、卒業後、近くの大都市圏で就職先を探す場合が多くあります。近年、就労歯科衛生士数は、右肩あがりで増加しています。その理由としては、一昔前は、歯科衛生士として数年働いた後、結婚などにより退職する人が多かったのですが、2005年から2020年までの15年間で、歯科衛生士として生涯働く人が増加しています。そのため、歯科衛生士の高齢化が進んでいるがわるいことではないです。国税庁の平成29年分民間給与実態統計調査結果によると歯科衛生士の平均所得は、364万円であります。また、歯科衛生士は、開業することができないため、雇われて働くことになります。そのため、歯科衛生士の給料は、勤務する歯科医院によって左右されます。また、歯科衛生士としての技術を磨き、歯科衛生士の技術に価値を見出している歯科医院に勤務している場合、年収400万円、500万円を超えてくる場合もあります。歯科衛生士の給与の形態としては、常勤の歯科衛生士は、月給での支払いが一般的であります。日本歯科衛生士会の平成31年度地域歯科保健活動実施状況調査報告書および、平成27年歯科衛生士の勤務実態調査報告書によると、非常勤の歯科衛生士は、時間給での支払いが一般的である。給与が時給の場合・税込でみた時給額において、「非常勤」では「1,100以上1,300円未満」が31.5%、「1,300円以上1,500円未満」が23.7%で多いです。現在の給与に対する満足度としては、「満足」と「ある程度満足」の合計が68.4%、「不満」と「非常に不満」の合計が28.7%です。また、「常勤」のほうが「非常勤」より満足度はやや低いです。また、若手に不満は多く、長く1箇所にとどまっているベテラン層は満足度が高いと言われています。また、若手は良い条件の医院があれば移りたいという思いを常にどことなくもっていると言われています。勤務先の歯科医院に改善して欲しいこととしては、待遇改善、専門性・資格等の評価、教育研修等、レベルアップの機会の充実の順です。近年、歯科衛生士の採用難が進んでいます。新卒歯科衛生士の求人倍率は年々上昇を続けており、2016年には20倍を超えています。これは、2009年と約2倍であり、歯科衛生士は年々採用しづらくなってきています。そのため、都市部を中心に歯科衛生士の給料は高騰。新卒の給料では、月給では看護師と同等レベルに上がってきています。賞与では看護師の方が高いケースが多いです。厚生労働省がハローワークのデータをもとに同時期に発表した調査結果によると、有効求人倍率(社会全体の雇用動向を示す指標)は1.28倍なので、20.5倍という数値がいかに高いかが分かります。中途採用においても、売り手市場であり、歯科衛生士を採用したいけれどもできない歯科医院は多いです。歯科衛生士になるには、歯学部付属の歯科衛生士学校や、歯科衛生士専門学校で4年制ないし3年の教育を受けた後に、歯科衛生士国家試験に合格する必要があります。歯科医師とは異なり、研修医制度はなく、卒後すぐに歯科医院などで勤務することができます。その代わりに、学生時代の後半に、歯科衛生士学校と連携している歯科医院などで臨床研修を行う。その際に、患者に触れることはなく、診療の補助などを行いながら、歯科臨床の実際について学んでいくことになります。受け入れる側の歯科医院の目的は、青田刈りでです。日本には2020年現在、約160校の歯科衛生士学校あり、大きく分けて歯学部付属の学校。私立の学校、歯科医師会付属の学校が存在します。歯科医師とは異なり、出身校名が問われることはほぼありません。ここ数年で、歯科衛生士学校は増加傾向にあります。2020年現在、歯科衛生士国家試験の合格率は95%を越えており、普通に勉強すれば合格できます。毎年、7,500名弱の歯科衛生士が輩出されていきます。輩出数は、安定して増加傾向にあります。歯科衛生士になる人には、歯科衛生士になりたくて歯科衛生士になった、看護師になるほどの学力はないが医療職につきたくて歯科衛生士になった、手に職をつけたくて歯科衛生士になったの3パターンが多いです。歯科衛生士としてのキャリアパスとしては、歯科衛生士学校卒業後、その多くは歯科医院に就職をして、歯科衛生士として働き始めます。また、卒業時点で他産業に就職をする者もいます。歯科衛生士の就職先の探し方としては、臨床実習先の歯科医院、新卒歯科衛生士向けの合同就職説明会、デンタルスタイルのような人材サービス、自分で探すなどがあり、早い学生で卒業の半年以上前の夏頃、遅い学生で卒業後の3月中に就職先を決めます。その後は、結婚・出産などのライフイベントに合わせて退職しそのまま歯科医療から離れる、結婚・出産などのライフイベントに合わせて退職し育児が落ち着いたタイミングで復職をする、結婚・出産などのライフイベントに合わせて退職し離婚したタイミングで復職をする、結婚することなく歯科衛生士として働き続けるなどのキャリアパスを歩むことが多いです。少数派として、歯科衛生士学校で教員として働いたり、歯科関連企業で働くなどのキャリアパスがあります。また、歯科医院で勤務する歯科衛生士の中には、自力で歯科医院に通うことができない近隣の介護施設や、高齢者個人の自宅に歯科医師と一緒に訪問して歯科医療を提供している歯科衛生士もいます。主な業務は口腔ケアです。歯科衛生士にとって在宅診療は、比較的労働時間が短く、給料が良いことが多いです。また、近年、「フリーランス」で働く歯科衛生士も増えているが、フリーランスという名で非常勤として働いている、歯科衛生士として人一倍勉強し、知識・技術などを身につけセミナー講師として働いたり、会社を立ち上げて歯科医院へのコンサルティングを行ったりしているの2パターンがあります。前者はそうでもないが、後者で成功すると、収入も高くなります。歯科医院へのコンサルティングとしては、歯科医院に勤務をしている歯科衛生士への知識・技術研修。予防歯科の導入研修。接遇・モチベーションアップ研修など多岐に渡る。歯科衛生士の勤務形態としては、「常勤(正規雇用)が51.8%、「常勤(非正規雇用・任期付等)」が3.7%で、「非常勤」が40.1%、「日々雇用」が2.0%であり、正社員以外の働き方が当たり前に受け入れられている職種です。勤務形態と年齢としては、歯科衛生士として働いていた期間でみると、「20年以上」が41.4%、「10〜15年未満 」が15.0%、「15〜20年未満」が13.4%、「5年未満」が11.9%。ベテランの方が、非常勤が多くなる。結婚・出産などのライフイベントにより、常勤勤務が難しくなるためと考えられます。非常勤で働いている歯科衛生士の勤務先の数において、「1か所のみで勤務している」が43.1%、「複数の勤務先に勤務している」が56.4%であり、複数の歯科医院を掛け持ちで働いている歯科衛生士が多いです。歯科衛生士の転職経験としては、多くの歯科衛生士は、転職を経験しています。非常勤の歯科衛生士は、転職に対する抵抗感が低いです。歯科衛生士の転職理由として、常勤は人間関係やレベルアップを理由に転職をすることが多いです。特に、学会の認定歯科衛生士になりたくて、認定資格の取得が可能な職場に転職をすることもあります。非常勤は、結婚・出産・育児などのライフイベントを理由に転職することが多いです。他の転職理由として、歯科医院の多くが小規模企業であるため、院長との相性が悪い、先輩スタッフとの相性が悪い、いじめ、前職の歯科医院と診療の仕方や患者への対応などが違いすぎてついていけない、歯科医院の労務管理がいい加減であることなどがあります。歯科衛生士の技術には、様々な技術があります。代表的な技術として、歯科助手にできるアシスタント業務である一般的な診療の介助の技術、超音波スケーラーを使用する簡単な歯石とりの技術、SRPと呼ばれるハンドスケーラーを使用する高い技術が求められる歯石とりの技術、PMTCあるいはPTCと呼ばれる専門の器具を用いて専門的かつ徹底的に歯を磨く技術、ホワイトニングの技術、インプラント手術などの介助・メンテナンスの技術、矯正歯科治療の介助・メンテナンスの技術、訪問・在宅歯科における口腔ケアの技術などがあります。歯科医院によって、歯科衛生士に何を任せるかが大きく異なります。そのため、歯科医院で数年間働いても、技術として歯科助手と変わらないレベルのままでいるケースもあれば、徹底的に専門性を高めるケースもあります。また、資格取得支援や院内外での研修などスタッフ教育にお金を使う歯科医院であればあるほど、専門性を高めているケースが多いです。歯科衛生士としての成長は、就職する歯科医院によって大きく左右されます。また、歯科衛生士の仕事にも、保険診療と自費診療がある。簡単な技術については保険診療として行われるケースが多いのですが、歯科衛生士として専門性を高めた結果、難易度の高い技術やメンテナンスなどは自費診療として行われるケースが多いです。日本には、歯科衛生士の免許を持っていながら、歯科衛生士として働いていない人が10万人以上いると言われています。その理由としては、出産・育児、高齢、歯科以外への興味、家庭の事情などがあります。離職中の歯科衛生士の過半数が、歯科衛生士としての復職を希望しています。特に、40歳以下の非就業の歯科衛生士の再就職意向は高いです。再就職における障害を感じている歯科衛生士は75.7%であり、結婚・出産・育児などのライフイベントを経た歯科衛生士にとって、歯科医院が勤務時間が最大の壁となっている。歯科医院が、歯科衛生士に働いて欲しいと思っている夕方以降の時間と、歯科衛生士が働ける夕方までの時間がずれています。次に、ブランクによる自分自身の歯科衛生士としての技術に不安を感じています。また、歯科医院は比較的、若い歯科衛生士を採用したがる傾向にあります。そのため、高齢の歯科衛生士の復職や転職の難易度は高まります。そのような年齢フィルターは、歯科医院によって異なります。歯科医院で働いている歯科衛生士としてのキャリアプランとモチベーションとしては、知識・技術を研鑽したい、フリーランスになることを目指したい、両方の要素が欲しい、歯科衛生士会などの関連団体の活動に力を入れている、生活の糧として歯科衛生士として働きたい、家庭に入り週数日間働きたいなどがいます。前半4つのキャリアプランとモチベーションを持つ歯科衛生士はごく一部であり、後半2つのキャリアプランとモチベーションを持つ歯科衛生士が大半を占めています。知識・技術を研鑽したい歯科衛生士は、歯科医療の様々な学会やスタディーグループなどに所属していることが多く、歯科関連企業が主催するセミナーで講師を務めていることがあります。ただし、歯科医師と比較して学会・スタディーグループの数は少なく、セミナー講師の枠も少ないです。歯科衛生士が集まる団体としては、歯科衛生士会は、日本の歯科衛生士を代表する団体であり、歯科医師会の歯科衛生士バージョンです。歯科衛生士会には、日本歯科衛生士会、都道府県歯科衛生士会が存在しており、任意加入です。つまり、歯科衛生士会に入っている歯科衛生士と、歯科衛生士会に入っていない歯科衛生士が存在します。歯科衛生士連盟という組織も存在しているが、2020年4月時点で、医師・歯科医師・看護師などと比較して歯科衛生士には政治力がありません。2020年現在、歯科衛生士の国会議員はいない。歯科衛生士の学びの場には、学会とスタディーグループがあります。歯科医学は、日進月歩で発達しています。歯科衛生士は、生涯学習として、歯科医療を学びつづけることが理想です。歯科衛生士の大半は歯科医院で勤務をしています。そのため、なんらかの団体に所属して勉強をし続けることになります。ただし、勉強に対して熱心な歯科衛生士の割合は歯科医師より低いイメージがあります。そのための団体が、学会とスタディーグループであるが、歯科医師と比べると、その数は限られています。多くの場合において、歯科医師が所属する学会に、歯科衛生士向けの認定資格などがあるイメージです。認定資格を取るためには、定期的な会費との支払いと学会活動への参加に加えて、学会によっては、症例提出や筆記試験などが求められます。一度取得した認定資格を維持するためには、定期的な会費との支払いと学会活動への参加が必要となります。歯科衛生士向けの認定資格がある学会としては、日本歯周病学会、日本口腔ケア学会、日本歯科審美学会、日本障害者歯科学会、日本老年歯科医学会、日本小児歯科学会、日本顕微鏡歯科学会などがあります。スタディーグループについても存在します。歯科医師向けのスタディーグループと比較して数が少なく、規模も小さいです。結論として、歯科衛生士は社会貢献性の高い素晴らしい職業です。

「総務省統計局発表の医療施設動態調査(平成29年1月末概数)」によると、神奈川県の人口約9126000名で、歯科医院数は5002軒あり、歯科医院1院あたりの人口は1824人となっています。厚生労働省発表の「平成26年(2014年)医師・歯科医師・薬剤師調査の概況」によると、神奈川県では歯科医師は7232名が働いています(男性5418名・女性1814名)。神奈川県における歯科医師の歯科医院1院当たりの勤務人数は1.45名となります。神奈川県では歯科衛生士は7566名が働いています(診療所勤務7250名・病院勤務316名)。神奈川県における歯科衛生士の歯科医院1院当たりの勤務人数は1.51名となります。神奈川県では歯科技工士は1686名が働いています。神奈川県における歯科技工士の歯科医院1院当たりの勤務人数は0.34名となります。また、神奈川県の歯科技工所は1432箇所あります。

また神奈川県の歯科衛生士校は「湘南歯科衛生士専門学校」「関東歯科衛生士専門学校」「神奈川歯科大学短期大学部」「横浜歯科医療専門学校」「鶴見大学短期大学部」「新横浜歯科衛生士・歯科技工士専門学校」があり、歯科大学は「神奈川歯科大学」「鶴見大学 歯学部」、歯科技工士校は「横浜歯科医療専門学校」「新横浜歯科衛生士・歯科技工士専門学校」があります。

神奈川県の歯科衛生士 求人

×
北海道・東北
関東
中部
関西
中国
四国
九州・沖縄
時給
円以上
日給
円以上
月給
円以上
応募要件
待遇・福利厚生
勤務時間
休日・休暇